セキセイインコがうるさい時に止める方法

セキセイインコがうるさい時、どうしたらいいか途方に暮れますよね。朝にジリジリ響く目覚まし時計と違ってピタッと手動で止めることができません。

間違えでも懐いてほしいなら、怒鳴ってもいけないし、口をふさぐこともできず。子どものようにあやしても、わがままなので離れると呼び続けるので際限がないかもしれないです。

しかし反抗期がありますからね、鳥にも二度ほど。その頃に反撃とばかりに盛大に手を噛まれないためにも、親切心を持って育てないといけません。蓄積した鬱憤、不信感は爆発したら手が付けられなさそうですからね。

でも、やはり小型でもさえずりは結構うるさくて、近所とか家族に迷惑がかかっていたり怒らせてしまったらどうしようと冷や汗をかきますね。自分だけなら耳栓していれば済みますけど。

セキセイインコはアピールでうるさい

なぜそんなに張り切ってさえずるのかといいますと、他に仲間がいなければ人間を呼んで鳴くのでしつこいし、うるさいのです。飼われなければセキセイインコはオーストラリアとかで群で暮らすのが当たり前ですから、一羽ケージに閉じ込められるのは慣れないでしょう。

猫とかみたいにペットやアヒルのように家畜としてまだ歴史が短くて、頭が小さいから知能もそれほど高くはなくて、野性味がまだまだ残っています。

でも、セキセイインコは学習能力はある程度ありますけどね。「これをすると、嫌なことがある」というのが分かりますから噛むとか頭の上に乗る、うるさいなど、やめてほしい行動には、無視とか退室で覚えてもらいましょう。

布を被せて夜にする。スズメとか朝はさえずってますけど、暗くなってからは閑静になるでしょう。ですから、いざという時は。

あとは、相手にしない。騒ぐようなら退室すれば諦めてくれるかどうかは、根気勝負です。声が枯れるまでうるさいままか。よほど寂しく退屈でストレスで毛引きしたり、病気にならないかが心配です。

活性酸素の発生が寿命を縮めますからね。退屈を紛らわすために羽毛が減れば寒さで冬なんかは、セキセイインコは亡くなってしまうかもしれません。

保温をしっかりしているなら大丈夫なのですが、春先とか秋に油断すると人間より寒がりなので

でも、セキセイインコの側になって考えてみると、実にかわいそうですね。子どもの頃泣いて、親からそっけない態度や無視を受けたらうるさい自分が悪くても結構心に打撃がありますね。暗い世界観が作られそうです。

コンパニオンバードの心境

まあ、飼い主さんはもちろん第三の世話人ですから母鳥、ペットショップの店員あるいはブリーダーさんの次ですから、それほど思い入れはないので傷つかないかもしれませんが。

命を握っている存在であることには変わりはありませんからね。あまりおびやかすような態度は取ってほしくないですね。大声で叱るとか絶対駄目です。名前を呼ぶのも普通か控えめな音量で。

うるさいならやはりもう一羽、お迎えするのが良いかと。その方が自然の環境に近付けます。でも、相性が合わないとどちらも気の毒です。

もちろん、セキセイインコ同士であるのは当たり前ですが個性がありますから、親兄弟で考えるとなるほど、人間といっても仲良くないのや、喧嘩するのもいるなあと思いますね。

ですから4羽くらいの複数飼育にしたら良いのではないでしょうか。餌代ならそんなにかからなさそうですが、病気になると、治療費が大変ですね。

でも、ドイツでは1羽のみは駄目だという決まりが定められているそうですよ。進んでいるようですね。

鏡を与えると、うるさいのも治るけど効果ありすぎて、人間なんかそっちのけでどうでもよくなり、自分の姿に夢中になることは多いという結果が報告されています。

セキセイインコがナルシストってわけではないですよ、たぶん。仲間内のコミュニケーションを取っているつもりなんですよ、きっと。

やっぱり見た目は同じ方が親しみがあって良いのでしょう。セキセイインコの派手な南国のカラーの羽毛、愛情の示し方もくちばしでとか、心得ていて気が合います。

コンコンとつつくのは、好意か敵対かどちらでしょうね。他の動作も見て総合的に判断して見ないと分かりませんが。

寂しがり屋ですからね、セキセイインコは。あんな小さな生き物なんですもん。私だって一人では生きていけません。全く違う種類ですからね、ペットから見たら。

ターザンみたいなものですか、ゴリラの中で育ったんですよ。まだ、サルとは大きさも知能も似ていますけど、鳥類は全然違いますから。

巨人みたいに見えるでしょうね。とても目がよくて、ネズミなんかは顕微鏡みたいな視力とかいわれていますが、セキセイインコもおそらくそうでしょう。上空から地上の餌を見つけるために。

終わりに

私は、近眼なのでうらやましいような気がします。くっきり遠くまで。子どもの頃から、テレビがだんだんぼやけて霞んできたのが怖かったです。うるさい話から変わりますが。

目線が下ばかりだと、眼球の周りの筋肉が締め付けるから楕円形になってしまって、ピントが合わなくなり近視になるらしいので、上も見るようにしましょう。

でも、小さい子は顔ごと天井を向きそうですが、それでは意味がなく間違っています。

セキセイインコに関しまして以上、うるさい対策でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする