オカメインコの爪切り方法や頻度について・タオル保定でご機嫌に

オカメインコの爪切り方法や頻度についてご紹介します。

どんな時に爪切りの必要性を感じるでしょうか。オカメインコが指や肩に止まってきたときに足の爪が食い込んで痛いというときなど考える人が多いですね。

放鳥中にオカメインコの足の爪が布製品やカーペットなどに引っかかりやすくなるというのも、そろそろ爪切りした方がいいなと感じさせます。オカメインコの爪が繊維に引っかかってしまうと、解こうとしてむやみやたらに羽ばたき暴れた際に足を挫いてしまうリスクもありますからね。

爪切りの際は、嫌がるオカメインコを片手で保定したり、血管を切らないように慎重に行わなければならず、オカメインコの爪切りを自ら行うのは難しそう!思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

爪切り頻度は一定周期でやってきますし、なるべくお互いストレスにならないようにより良い方法を覚えたいですよね。

オカメインコの爪切りを自宅で行う場合の方法やタオルでの保定などを、飼い主さんたちの体験談を参考にまとめてご紹介します。
今一度見直したい!
基本シリーズ「衛生編」
「放鳥と遊び」
「睡眠」

スポンサード リンク



嫌がるオカメインコの爪切り方法

頻度は?

爪切り方法について確認する前に、まず頻度を確認しましょう。

オカメインコは、もしかしたら足の爪が伸びすぎると、気持ち悪いのか嫌がるようで自分で爪を噛んだりするようになるかもしれません。そうしたらオカメインコ自身爪が伸びすぎて不快になってきているので爪切りのタイミングと言えます。

爪の伸びる速さは個体によって違うので、明確な頻度というのはないんですね。伸びすぎによって不便を感じるようになったら爪切りしましょう。

では、次にオカメインコの爪切り方法…用意しておくとよいものを確認してみましょう。

オカメインコの爪切りには止血剤

苦手な人もいるかもしれない血の話になりますが、オカメインコが暴れたり、飼い主さんのミスによる深爪によって血管を切ってしまうかもしれません。

オカメインコの爪切りの時は止血パウダーは必ず用意しておきましょう。

オカメインコの爪の中に走る血管。血管があることをはじめて認識した人は人間との違いに驚いた人も多いと思いますが、この血管を誤って切ってしまった場合…考えると怖いですね。きっとオカメインコにもトラウマを与えてしまい、嫌われてしまいます。

それが怖い人は始めから獣医さんのところで切ってもらってください。自分で切る場合は、そんなもしもの出血があった時、素早くオカメインコの爪を止血するために必要になるのが止血剤です。

といっても、人間用のではなくてペット用のです。

ペットグッズの販売店などで販売されているのを使ってもいいですが、もしなければ台所にある片栗粉や小麦粉があればそれを使っても事足りるといわれています。害がなくて粉状なら、多分何でも良いのかもしれませんね。

その他、お線香に火を付けて用意しておいて、もし出血したら患部に一瞬だけ線香を当てて焼くとという方法で止血する飼い主さんもいます。

しかしなんとなく熱そうで線香を使うのを嫌がる飼い主さんもいます。線香は火傷しないように使い方に気を付ける必要がありますし、傷口を焼くというのは心理的に抵抗のある人も多いでしょうから、止血剤の方が安全に気軽に使えていいですね。

爪切り本体

ペット用の爪切りも必須アイテムです。

人間用のでオカメインコの爪を切る飼い主さんもいますが、できればペット用のを用意した方がいいでしょう。

人間用のとは構造が違い、よりオカメインコの爪切りをしやすくなっています。嫌がるオカメインコに負担をかけないためにもなるべく手早く終わらせてあげたいですからね。

しかし、どうしてもというわけではなく、なければ人間用の爪切りでも大丈夫だとは思います。

ちなみに、爪を切るのはやっぱり怖い…という人にはヤスリの使用もおすすめです。ヤスリは、取り敢えず爪の先を鈍く丸くするので布繊維に引っかかりにくくなりますし、毎日少しずつ削っていれば爪の長さを適切にできるでしょう。

爪切りが嫌な飼い主さんには爪ヤスリがおすすめです。

スポンサード リンク



爪切りを嫌がるオカメインコにタオル

オカメインコには、保定するためのふわふわなタオルも用意してください。

オカメインコは、爪切りを見て嫌がる、あるいは飼い主さんに手で固定されるのに対し暴れる個体もいますね。

嫌がるということは、爪切りの間大人しくしていてくれそうもない…ということ。暴れると深爪しそうになってしまい危険です。

オカメインコを動かないように保定するためには、ほとんどのオカメインコがお気に入りなタオルを使いましょう。嫌がるどころか終始機嫌よく爪切りさせてくれると言っている飼い主さんもいます。

タオルでなく人間の手で動かないようにガッチリつかむと、オカメインコの呼吸器が圧迫されて死んでしまうこともあります。オカメインコやセキセイインコなど鳥類は呼吸器系が弱いといわれていますね。なのでそんな悲しい急死が起きないためには、タオルを使ってやんわり保定してあげましょう。

タオルは、オカメインコの好きな色のを用意するとさらに良いですね。きっと、爪切りを嫌がるどころかオカメインコがご機嫌でいてくれます。タオルはオカメインコにとって人気の傾向があり、なぜかは知らないけど謎にタオル好きなオカメインコは多いようです。

たぶん、フワフワした質感とかが鳥の羽毛を思わせるので親近感を持つのかもしれません。オカメインコがタオル好きなエピソードについてはこちらの記事で、まとめてご紹介していますのでぜひお時間があればご覧になってみてください。

オカメインコはタオル好き!タオルで寝る・タオルを食べる

スポンサード リンク



オカメインコの爪切り方法!嫌がる隙を与えない

さて、オカメインコのタオルでの固定の仕方ですが。

ご紹介したアイテムを用意して、オカメインコの爪切りに必要なものをすべてそろえたら早速、オカメインコが嫌がる隙もないほど素早くふわふわのタオルで保定しましょう。

オカメインコの爪切りの時は、作業しやすいようにテーブルの上に呼び寄せておいて、タオルをオカメインコの頭からお腹付近までかぶせます。

その方法ですが、パサッとまるで誘拐犯になった気分でタオルを頭から。オカメインコがテーブルの上をヨチヨチと逃げていっても構わず後ろからタオルをフワリと投げてオカメインコを捉えます。(←という動画を見たのですがオカメインコによっては、タオルを被せられるのも怖がるオカメインコもいるのかな?その場合はこの技は使えませんね。)

まあ取り敢えず、そうしたらタオルでオカメインコをくるみこむようにしてひっくり返します。

目隠しされているオカメインコは、飼い主さんが何をしたいのか何がなんだか分かりませんが、タオルでとりあえずご機嫌なはずです。

そしてひっくり返ったオカメインコを手元に置いて、足の指を1本ずつ固定しながら爪切りしましょう。

オカメインコの足首をつかむのだと不安定になってしまいますから、足の指を一本一本持って爪を切りましょう。

この方法で保定して切ると、これまで暴れていた嫌がるオカメインコも余裕で爪切りできるようになったというケースもあります。ご機嫌で歌なんか歌う余裕のある子もいるほどです。

この爪切り方法のポイントは、オカメインコが大好きなふわふわのタオルで目隠しするようにくるんで仰向けにして爪に取り掛かるということでしょうね。

爪を切る現場をオカメインコの視界に入れるとおそらく嫌がるでしょう。大暴れして大変になってしまいます。

オカメインコが嫌がるから爪を切るのが苦手だった飼い主さんは、このタオルを使った方法で是非試してみてください。

また、爪切り不要になるアイテム…爪研ぎ止まり木というのもありますからぜひ検討してみてください。というかすべてのオカメインコの飼い主さんにおすすめできる良い製品です。

従来のように、足の裏の部分までザラザラしているというような致命的なデメリットも改善されている製品がいくつかのメーカーから出ています。

日本製は白くて馴染みやすいカラー、アメリカ製は紫やブルーやグリーンなどカラフルなカラーの製品があります。

おすすめ製品の詳細はこちらの記事に書いてありますのでご覧ください。

オカメインコの爪切り頻度を減らせる爪研ぎ止まり木など

スポンサード リンク



まとめ~嫌がるオカメインコの爪切り方法とタオルの使い方~

オカメインコがご機嫌になってしまう、タオルを使った爪切り方法についてご紹介しました。

オカメインコの爪切りは、タオルを使って以上のような方法で行えばほとんど恐怖心を与えずに、嫌がることなくできることと思います。

しかしどうしても苦手なら、やっぱり鳥の専門病院に行って獣医さんにお任せしましょう。爪をうっかり切りすぎて出血してしまうと、オカメインコが怖がって飼い主さんになつかなくなってしまうことも考えられますから心配なら鳥専門病院で爪切りしてもらってください。

普通の動物病院は、犬や猫は得意分野かもしれませんが、実は鳥に関してはよく分からない獣医さんもいらっしゃるようなので(むしろ多いようなので)、鳥専門の病院に連れていくほうが安心できますよ。

病院でオカメインコの爪切りをしてもらう場合、値段はどのくらいになるのかなど詳しくはこちらに書いてあります。

オカメインコの爪切り病院での値段など
以上、オカメインコのなるべく嫌がらない爪切り方法についてでした。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする