オカメインコの水浴び〜頻度や方法〜

オカメインコの水浴びはどのくらいの頻度でどのように行うのが良いのかについてご紹介します。

水浴びはオカメインコにとって羽の汚れやダニなどの寄生虫を落とし、健康を保つのに欠かせません。飼い方の基本として、水浴びの頻度や注意点は確実に押さえておきたいですね。

今一度飼い方を見直して、健康にかかわってくる水浴びの頻度や正しい方法について確認しましょう。

スポンサード リンク



オカメインコの水浴びの頻度・方法

水浴びの頻度と方法について今一度見直しましょう。

オカメインコによっては水浴びを嫌がる個体、水浴びが好きな個体と様々で、怖がりなので水浴びが嫌いな個体が多い傾向があるようです。しかしオカメインコは他の脂粉が多く発生するので他のセキセイインコとかよりもむしろ積極的に水浴びしてほしいものですよね。

水浴びの頻度は、毎日水浴びしている個体もいますし、多ければ一日二回~三回水浴びするという個体もいます。

しかし個体によっては水浴びを全くしない個体もいます。水入れを怖がってしまったり、水を怖がってしまうため水浴びしてくれないというオカメインコもいるようです。

水浴びの頻度は個体によって違いがかなりあり、オカメインコが水浴びしたがるかもしれないので容器を用意してあげてみて様子を見てみましょう。

しかし水浴びの後はオカメインコが風邪を引きやすくなっているので飼い主さんの目の届く時に水浴びさせて、部屋の室温に気を付けてあげましょう。

ケージが寒い時とかに水浴びすると寒くなりすぎて危険だということですね。羽が乾くまで見届けましょう。

スポンサード リンク



容器について

オカメインコの水浴びに使う容器は、水浴び用の容器を使ってもいいですし、底が平らで浅めのお皿などを使ってもいいでしょう。水浴び用の容器製品には、底に小さな鏡が付いているものもあります。

インコは基本的に鏡が大好きですよね。なので水浴びを嫌がるインコも鏡があれば喜んで水浴びするかもしれません。

水浴びの容器には、オカメインコの足の半分くらいまでの水を張りましょう。あまり深いと、容器の底に頭をうまくこすりつけられません。

また、オカメインコの水浴びは、必ずしも容器を使わなければいけないということはありません。水道から出る水に直接頭を突っ込んだりして水浴びするオカメインコもいます。むしろそちらの方を好む場合も。

水道から直接水浴びさせる際は、足場に気を付けたり、あまり水流を強くせず、ちょろちょろくらいの水流で水浴びさせてあげましょう。

スポンサード リンク



注意点

オカメインコの水浴びの際は、お湯を使ってはいけません。必ず水を使いましょう。お湯は羽の油のコーティングまで脱脂してしまうので体調を崩してしまう原因になります。

また、水浴びを嫌がる個体もいるかもしれませんが一週間に一回くらいは水浴びさせましょう。オカメインコは水浴びが足りないと、毛引きしたりすることもあります。

毛引きを防ぐ意味でも、水浴びさせることが大切です。嫌がる個体には、霧吹きなどを使って徐々に水に慣らしていきましょう。

ただし、霧吹きと言えどあまり体の方にまでびしょぬれにしないようにしてください。体調を崩す原因になります。頭付近を中心に水をスプレーしてあげましょう。

また、羽がしっかり乾くまで暖かい部屋に置きましょう。水浴びの後ケージの中でブルブル震えていることがないように気を付けましょう。

スポンサード リンク



まとめ

オカメインコにとって健康の基本ともいえる水浴びについて紹介しました。

冬は無理に水浴びさせなくてもいいといわれていますからむしろ、しないことよりも水浴びすることによる風邪に気を付けてください。

風邪というよりもむしろ低体温で亡くなってしまうこともあるみたいなので。冬に保温が甘かったら翌朝亡くなっていたという話を聞きます。その鳥は病鳥だったのかもしれませんがいずれにしろ寒さは苦手でしょうからね。

水浴びする時はオカメインコの健康状態の良い時を選ぶというのも忘れずに。

そしてこのサイト内でご紹介している飼い方の基本で、オカメインコの水浴び以外にも飼い方をしっかり勉強してペットにとって良い飼い主さんとなりましょう。

オカメインコの飼い方基本・温度管理について

スポンサード リンク