オカメインコの温度管理について!保温室温の奥の深さ

オカメインコの温度管理について基本をご紹介します。

オカメインコの飼い方では、温度管理がとても大切になります。寒い季節はオカメインコの免疫力を高めるためや風邪を引かせないため、暑い季節はオカメインコが熱中症にならないため。

また、病気の時や換羽のときには過保護に保温が必要です。

保温するときにはどのような保温器具を使って何度くらいに保温しておくのがいいのか確認しましょう。また、夏の暑さ対策についても確認していきましょう。

オカメインコは野生の場合はオーストラリアの寒暖差のある気候で暮らしていますので寒さに比較的強いといわれていますが、寒さへの耐性はオカメインコによって個体差もあります。

特に初めてオカメインコを飼い始めた冬は室内温度をしっかり温度管理する必要があります。

温度管理について詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク



オカメインコの温度管理

オカメインコの飼い方の基本…オカメインコにとっての適切な室温は27度前後です。20度を下回らないよう注意しましょう。

しかし、一年中ずっと一定に保温するのは「過保護」だといわれています。

季節の変化を室内でも演出しないと、オカメインコの換羽期が長引いて辛くなったりしてしまう原因にもなります。

ただし、それはすべてのオカメインコに…というわけではありません。

オカメインコの年齢によって室温の保温の仕方も変えるのが良いオカメインコの飼い方です。

雛・老鳥の温度管理

雛、幼鳥、老鳥のオカメインコの飼い方ですが、一年を通して室温を一定に保ちましょう。

免疫力が下がってくるお年寄りのオカメインコの飼い方と、まだ免疫力が発達していない雛のオカメインコの飼い方は似ていて、両者にはしっかりした保温が必要です。

また、若鳥のオカメインコでも病気の場合は別で、手厚い保温が必要なのがオカメインコの飼い方の基本ですよね。あまり寒暖差があるとストレスになってしまうのでオカメインコが病気の治療中の時はなるべく室温を一定に保ちましょう。

成鳥の温度管理

若鳥、成鳥のオカメインコの飼い方ですが、あまり室温を過保護に管理していると体が丈夫に育たないといいます。

季節による温度の変化に徐々に慣れさせ、適温の範囲内で冬は低め、夏は高めの室温に慣れさせましょう。

しかし急に気温が変わるとオカメインコの体が耐えられず突然死んでしまったり病気になってしまう原因になりますので徐々にというのがポイントです。

最低気温の20度を下回らない程度に冬と夏でメリハリを付けるのがオカメインコの飼い方の基本です。

オカメインコの飼い方の注意点ですが、オカメインコを飼うなら使わない方が良い暖房器具というのがあります。ガスストーブや石油ヒーターはオカメインコにとって健康を害す恐れがあるといわれていますので、なるべくエアコンや温水暖房などを使ったほうがいいでしょう。

オカメインコのような鳥類は呼吸器系が他の動物よりも敏感で、石炭掘りのときのガス検知として鳥が使われてきた歴史がありますよね。オカメインコを飼う部屋では空気を汚すような暖房器具は避けましょう。それが鳥類全般、オカメインコの飼い方の基本の基です。

スポンサード リンク



オカメインコの病気の時の保温

先程もご紹介したオカメインコの飼い方ですが、オカメインコが体調不良や換羽期などの時は暖かめに保温してあげる必要がありますよね。そのようなときはオカメインコに合わせて部屋全体の室温を上げてしまうと暖房費がもったいないですし、飼い主さんにとっては暑くなってしまいます。

部屋全体をエアコンなどで温めるよりも、ケージ周辺だけ温めた方がいい時、どのような保温器具を使って保温したらいいのかチェックしましょう。

電球タイプ

保温器具には電球タイプもありますが、ケージ内に入れるとオカメインコが火傷してしまうというリスクがあります。なのでケージの外に取り付けましょう。

また、ケージ内に入れるタイプの保温器具を使うときはコードや保温器具をかじられないようにカバーを取り付けましょう。

ビニールカバーで保温性を高める

そして、保温器具で効率的にケージを温めるためには、ビニールの温室などを使ってケージを覆う必要があります。

オカメインコの保温のためにアクリルケースを使う人もいれば、ビニールカバーを使う人もいます。

どっちが良いのかよく分からないですよね。それぞれメリットとデメリットがありますが、簡単にまとめると次のようになります。

おすすめ製品についてと、自作方法はこちらでご紹介しています。

アクリルケース

■アクリルケースのメリット
・見た目が綺麗で部屋に馴染みやすい。
・保温性がある。
・オカメインコの鳴き声を少し和らげる効果がある。
・オカメインコの脂粉や水の飛び散りを防げる。
・オカメインコの風よけになる

■アクリルケースのデメリット
・密閉感があるので空気が淀む。
・空気の流通が悪いのでオカメインコの呼吸がやや心配。
・静電気が発生し、ゴミがくっつくので掃除がちょっと大変。
・そしてコストが高い。
・重いので扱いにくい。
・もし落としてしまったら割れてしまいやすい。

スポンサード リンク



ビニールカバー

■ビニールカバーのメリット
・扱うのが簡単。
・コストが安いので手軽に導入できる。
・風よけになる。
・オカメインコの脂粉や水の飛び散りを防げる。
・重さが軽くて扱いやすい。
・ビニールの上から眠る時の布カバーをかけられる。

■ビニールカバーのデメリット
・防音性はないのでオカメインコの鳴き声がうるさい場合和らげる効果は期待できない。
・アクリルケースに比べると軟弱なビニール製なので、オカメインコのくちばしにかじられてすぐに壊れてしまうリスクがある。

以上のようなメリット、デメリットがそれぞれにあります。少ないコストで取り敢えず手軽に導入できるビニールはおすすめです。

注意していただきたいのが、オカメインコがもしくちばしをパクパクして苦しそうならちゃんと通気穴を追加で開けてあげることです。

製品によっては、既製品なのにもかかわらず「こんなのじゃ窒息しちゃうじゃん!」というようなのもあるみたいなのでその場合は飼い主さんでDIYして加工してあげてください。

サーモスタット・温度計

オカメインコの飼い方をご紹介していると、ヒーターやら必要なものがたくさん出てきますね。オカメインコの保温は、意外と器具もたくさん必要で大掛かりなんです。

もしオカメインコ用のペット用の保温器具を使うとしたら、その保温器具とセットで使う必要があるのがサーモスタットという温度管理のための器具です。

温度設定をしておくとスイッチを切ったり付けたりしてくれるので必ず取り付けましょう。サーモスタットはオカメインコの飼い方の基本の飼育用品です。オカメインコを保温しすぎると熱中症になってしまうかもしれませんからね。

しかしサーモスタットを付けていても壊れたりしたら油断できませんので、サーモスタットばかりを信じすぎずにオカメインコのケージの傍に温度計を置いて飼い主さんが目で見てケージ周りの温度を確認することがおすすめされています。

繊細な、か弱いオカメインコの飼い方は気を付けるべきことがたくさんありますね。オカメインコが事故や病気で若くして死なないためには、しっかりオカメインコの飼い方の基本を覚えてオカメインコの良い飼い主になるように努力しましょう。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコの飼い方基本・保温室温~

オカメインコの飼い方の基本、室温の管理についてご紹介しました。オカメインコの室温は、20度を下回らないように管理するということでしたね。

飼い方の保温のポイントをまとめますと、
・オカメインコの適温は27度前後。
・若鳥や中年くらいのオカメインコは季節で寒暖差を付ける。
・暖房はなるべくエアコンを使い、空気を汚すような暖房器具はオカメインコにとって危険なので使わない。
・病気の時はケージの周りを電球やビニールカバーで保温する。おすすめはこちらで。
・サーモスタットと温度計も使って温度管理をする。

オカメインコが快適に暮らせるように、また免疫力を低下させないように適度に室温を暖かく保ちましょう。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高橋 善博 より:

    ぜひ飼いたいのですが札幌なので外出中とか心配です。
    サーモスタット付の保温機でも過信はできないんですね。
    悩ましいところです。

    • mitarashiko より:

      部屋をエアコンで均一に温度管理するなら心配ないと思いますけどね。病鳥でないならそんなに高くなくても大丈夫でしょうから。

      外出中のみペットホテルで預かってもらうというのも視野に入れてはいかがでしょうか?もちろん、外出の前後にはオカメインコへのフォローも忘れずしっかり甘えさせてあげれば大丈夫…と思います。