オカメインコの平均体重は?体重の測り方・増やし方・減らし方

オカメインコの体重についてご紹介します。

オカメインコの体重測定は、体重の増加や減少を把握することで病気にいち早く気づけるという点で毎日の体重測定がおすすめされていますよね。

オカメインコは病気を隠す本能があるため、餌を食べているように見えても実は食欲不振で食べていないなんていうことも。オカメインコの体調が良好かどうか、餌をきちんと食べているかなどが体重測定によってある程度判断できます。

そんなオカメインコの体重測定ですが、どのように測定するのか、平均体重はどのくらいか、体重が増えないオカメインコに対してはどのような対策をするか、逆に肥満気味のオカメインコにはどのようなダイエット方法がいいのかなど、オカメインコの体重について詳しく見てみましょう。

スポンサード リンク



オカメインコの平均体重

オカメインコの平均体重は、雛のオカメインコでは90グラムほどです。

成鳥になったオカメインコなら80グラム~100グラムくらいが平均体重ですが、平均体重に満たない70グラムでも特に問題なく健康な個体も多くいるようです。

骨格が元々細いとか体格の差によってもそのオカメインコにとって適正な体重というのは変わってきますからね。

なので動物病院で診てもらって健康診断で問題なく、健康に過ごしているようなら体重が平均体重よりも少なくても特に心配はいりません。

オカメインコの体重の測り方

オカメインコの体重測定は、餌を食べるとその分重くなってしまうので、なるべく体重測定は毎回朝ごはんを食べる前の朝一番など決まった時間に体重測定するようにすることをおすすめします。

体重測定の道具

オカメインコ体重測定はどんな道具を使って行うかですが、食材を測るためのキッチンスケールでも測れますが、できれば鳥専用の体重計を使うのが良いといわれています。

しかし動物のお医者さんの中には「キッチンスケールで測っても大丈夫」といっている方もいるので、あえて鳥専用の体重計を用意しなくてもいいでしょう。しかしアナログよりはデジタルの測りの方がいいといわれています。

体重計を置く場所は固く安定したテーブルの上にしましょう。たたんだタオルなどの布製品やソファーの上など、ふんわりふにゃっとしたところに乗せるとオカメインコの体重を正確に測れない可能性があります。

スポンサード リンク



プラケースや箱に入れて体重測定

ただキッチンスケールに乗るだけなのですが、ビビリなオカメインコのことですから体重計を怖がってなかなか乗ってくれないこともあります。

そんな感じで体重測定に非協力的なオカメインコには、安心できる箱の中に入れて体重測定することをおすすめします。

箱の分の重さはオカメインコの体重から引かなければなりませんから、測る前からあらかじめ箱の重さを引いておくために、キッチンスケールに箱を乗せた状態の時にメモリを0に合わせておきましょう。

箱にオカメインコを入れる以外にも方法はあります。

それは、オカメインコの好物を使っておびき寄せる方法です。オカメインコの好物の野菜か何かをキッチンスケールに乗せて、メモリを0に合わせてから自然と体重計に乗るのを待つという方法で体重測定をしている飼い主さんもいますので真似してみてください。

オカメインコをつかんで体重測定

オカメインコを家で飼い始めてまだ日が浅く、オカメインコが飼い主さんに馴れていなくて、警戒して手を噛んだりするようなオカメインコの場合は、ますます体重測定が難しくなりますよね。その場合は飼い主さんの手を保護するために軍手をして体重測定しましょう。

素手を噛まれると、痛い!などの声を上げてしまったりしますが噛まれてもなるべく大声を上げたりせずに無反応で体重計に乗せたほうがいいですから軍手をしておきましょう。

オカメインコを手で捕まえる時の注意点は、オカメインコは呼吸器系が弱いので、あんまり強い力で持つと息ができずに死んでしまうこともあるということです。

オカメインコを捕まえる時は力加減に注意して捕まえましょう。

スポンサード リンク



体重の増やし方

あまり餌を食べず痩せているオカメインコには体重が増えるように、餌への食いつきを改善していきましょう。

餌をあまり食べない場合は、オカメインコの好む餌をいろいろ試して見つけていくことも大切です。ペレットは一般的にオカメインコなど鳥はあまり好まないことが多いようです。

シードや粟穂などの自然に殻をむいて食べられるような餌の方を好む傾向があります。また、シードも鮮度が低いものよりも鮮度が良いものだと食いつきが良くなるとおっしゃる飼い主さんも。

新鮮なシードを与えるためにシードを業者から直接買い入れているという飼い主さんもいますが、普通にメーカーから販売されているシードでも洗って水が汚くならないようなシードならいいのではないかと思います。

シードによっては、品質が悪いためか洗うと水が真っ黒になるものもあります。ボレー粉も洗浄前の汚いボレー粉だとオカメインコたちが食べません。洗うとどの鳥も食べるようになります。シードの質について今一度見直すというのも食いつきを良くするのに効果的ではないでしょうか。

また、病鳥さんが食べるような高カロリーの餌を与えるというのもいいでしょう。

餌を与える時は、餌入れに入れるよりも平らなテーブルや床に撒いた方が良く食いつくというケースもあります。また、野菜を食べさせたいなら細長く切ると食いつきが良くなるというケースもあるようなので参考にしてください。

体重の減らし方

肥満気味のオカメインコは体重を減らすことを考えましょう。獣医さんのおすすめはペレットですが、ペレットを食べないオカメインコにはキクスイの赤粟や赤キビのシード(セキセイインコ用)がおすすめとのことです。カナリアシードが入っていないシードということですね。

肥満で飛ぶと呼吸がハアハアするようなら、心臓に負担がかかり突然死する可能性もあるという獣医さんもいます。なので飛ばせて運動させようと思いがちですがそこまで肥満になると飛ばせるのは逆に危険です

歩かせたりして無理なく運動させましょう。肥満なら放鳥時間を少し増やして運動させ、オカメインコのおやつもカロリーの高いものは控えましょう。

餌の調整である程度痩せてから、飛んでも呼吸が乱れなくなってからでないと飛ばせて運動させないほうがいいですね。

また、餌を過食するオカメインコの場合は心因性の過食の可能性が考えられます。オカメインコもストレスによって過食することがあるようです。

オカメインコのケージの衛生や、睡眠時間は充分か(12時間が理想)、ストレスになるような何かがないかチェックしてオカメインコのストレスを取り除きましょう。

スポンサード リンク



体重の増減は病気のサイン?

餌をきちんと食べているのに体重が減っている、餌を食べる量が変わらないのに体重が増えてきたという場合など、何か病気が隠れていそうな場合は速やかに鳥専門の獣医さんに診せに行きましょう。

オカメインコなど小さな生き物は病気の進行も早いので、なんかおかしいと感じたらなるべく早く検査や治療を受けさせましょう。

メスのオカメインコの場合は、急な体重増加は卵ができていることも考えられます。一匹飼いのオカメインコでも発情期になると卵を産むことがあります。オカメインコの体のためにはあまり発情させないように餌や睡眠時間などを整える必要があります。

飼い主さん側でできることは、保温によって免疫力を高めることや、ビタミンとミネラルをしっかり補給させることです。

まとめ~オカメインコの体重の平均・測り方・増やし方・減らし方~

オカメインコの体重についてまとめましたが、要点を今一度確認してみましょう。

・オカメインコの体重の平均は、雛なら90グラム、成鳥なら80~100グラム
・体重は毎朝決まった時間に測るとよい。
・体重計はキッチンスケールでも可。箱に入れたり、好物でおびき寄せる作戦が良い。
・体重が増えないオカメインコには、餌の質や与え方を工夫する。
・肥満のオカメインコには、飛ばせるのは危険。無理なく放鳥時間を伸ばして運動させ、餌はカナリアシード抜きの餌にする。
・ストレスによる過食の場合はストレスの原因を見極め取り除く。
・急な体重増加は病気や卵の形成の可能性がある。
・急な体重減少も病気の可能性があるので鳥専門病院に速やかに連れていく

ということでしたね。オカメインコの体重からはオカメインコの体調がある程度分かるので病気の早期発見などに役立ちます。ぜひ毎日オカメインコの体重測定する習慣を付けてみてください。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする