オカメインコのケージレイアウトの例は?

オカメインコをお迎えするにあたって、どのようなケージレイアウトにしようかといろいろ考えますよね。

オカメインコの喜びそうなおもちゃなどにも心惹かれるかもしれませんが、実際にオカメインコを飼っている飼い主さんによるとケージ内のレイアウトはなるべくシンプルに、余計なおもちゃはあまり入れないほうがいいといわれています。

オカメインコのケージレイアウトの基本や注意点を確認してみましょう。

今一度見直したい!
基本シリーズ「衛生編」
「放鳥と遊び」
「睡眠」

スポンサード リンク



オカメインコのケージ内の基本のレイアウト

オカメインコのケージレイアウトの基本を確認しましょう。

止まり木2本

止まり木は、オカメインコがケージ内で移動できるように2本以上は用意しましょう。止まり木は全く同じものを2本ではなくて、少し太さが違う止まり木を用意した方がいいといわれています。

ケージについている止まり木は、小型のインコにはいいのかもしれませんがオカメインコにとっては細いものが多いですよね。

止まり木が細いと爪が伸びやすいというデメリットもありますし、オカメインコが落ち着いて止まりにくいです。

止まり木の太さは、三分の二くらいをつかめるくらいが最適だといわれています。完全に止まり木をガッチリつかめる細さだと細すぎですし、逆に止まり木の半分くらいしかつかめていないようなら太すぎです。

通販でオカメインコ用の止まり木を購入して設置するのもよいでしょう。あるいは、SANKOのシェイプパーチという止まり木は波型になっていて太さが変わるので、オカメインコの足に程よく刺激を与えて握力のトレーニングにもなりますし、退屈によるストレスを和らげる効果も期待できます。

本当は天然の木が一番、太さにほどよく変化があるので、人工的な均一の止まり木よりも良いといわれています。天然の木を切って止まり木にしてあげる場合は、オカメインコにとって毒になる種類の木でないかどうかよく確認する必要があります。

オカメインコがほとんどの時間を過ごす止まり木ですから、オカメインコにとってちょうどよい止まり木を用意して、さらに変化も付けられるように太さの異なる止まり木を2本は用意しましょう。

また、止まり木を設置する場所は、餌入れや水入れにフンが落ちないような位置に設置しましょう。

スポンサード リンク



餌入れ、水入れ、おやつや野菜などを入れる容器

また、止まり木にとまったまま餌入れに届くように設置するのもいいですが、健康なオカメインコならばあえて止まり木から離れた場所に餌入れなどを設置しておくと、餌を得るために頭を使うので発情抑制や問題行動の抑制につながります。

あまり退屈を持て余すと発情過多や毛引き、吐き戻しなど問題行動につながることもあります。フォージングといいますが、野生のオカメインコのように餌を得るために頭や体力を使わせて、良い意味でのストレスを与えてあげるということですね。

しかし、病気のオカメインコや食欲不振のオカメインコ、ケージにまだ慣れていないオカメインコの場合は止まり木から餌入れや水入れに届くように配置しましょう。このようなオカメインコの場合はケージレイアウトを変えて模様替えするのも控えましょう。

また、健康でも臆病な性質が強いオカメインコの場合は、あまり大幅なケージレイアウトの変更をせずに、変えるとしても少しだけにとどめましょう。

また、餌入れはオカメインコにとって充分な餌が入る深さがありますが、本来オカメインコは地面に落ちている餌をついばんだりしているので平らな地面に餌を撒いた方が餌への食いつきが良くなるといわれています。

そのため、餌入れとは別に平らなお皿に餌を置いておくというのもいいかもしれません。

スポンサード リンク



オカメインコのケージレイアウトをシンプルにした方が良い理由

オカメインコは、「オカメパニック」というのを頻繁に起こすといわれていますね。臆病で繊細なオカメインコは些細なことでも驚いてパニックになり、ケージの中で暴れることがあります。

羽が折れたりすると流血して、羽ばたきも相まって血が飛び散るというすごい光景になってしまうこともあります。オカメインコのパニックは風切り羽がなくなってしまうこともあり、まるでクリッピングしたかのように飛べなくなってしまうというケースもあるようです。

そんなオカメインコのパニックが起きたときを想定すると、ケージ内に余計なおもちゃがあると羽が傷つき怪我をしてしまうリスクが高くなるのです。なのでなるべくケージレイアウトはシンプルにといわれているのですね。

オカメインコ用のおもちゃは、室内に置いて放鳥の時などに遊ばせてあげるようにしましょう。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコのケージレイアウト~

オカメインコのケージレイアウトの基本をご紹介しました。

・止まり木は太さの違う止まり木を2本用意する
・餌入れや水入れにフンが落ちないように配置する

以上の二点が大切なポイントでしょうかね。オカメインコのケージレイアウトの参考にしてください。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする