オカメインコがなつく方法は?荒鳥・臆病なオカメインコがなつく方法!

オカメインコがなつく方法をご紹介します。もっとオカメインコになついてほしい飼い主さんはぜひお試しください。

オカメインコは人によくなつく生き物です。飼い主さんへの愛が深い生き物として知られていますが、同時にとても臆病で馴れてくれない個体もいますね。このようなオカメインコはなつくようになるまでにはなかなか大変なことでしょう。

また、基本的に穏やかで人懐っこく他のインコに押しのけられたりすることすらあるオカメインコですが、個体によってはとても気性が荒くて攻撃的なオカメインコもいます。

オカメインコは雛の頃から挿し餌で育てると飼い主さんにとてもよく馴れてくれますが、生後何ヶ月もしてからお迎えすると全然慣れてくれずに威嚇されたり、噛まれたりすることもあります。

荒鳥のオカメインコはどのようにしたらなつくようになるのでしょうか。なかなか懐かないオカメインコがなつくようになった例や、方法などをご紹介します。

スポンサード リンク



荒鳥なオカメインコがなつくようになった例

荒鳥なオカメインコすら、飼い主さんになつくようになるのです。今あまりなついてくれないオカメインコなら、効果はもっと現れると思われます。

オカメインコが良くなつく、その方法とは。飼い主さんが一日中同じ室内で過ごせる環境だったため、オカメインコのケージの扉を開けて出入りできるようにしておいたそうです。

そうしたらケージから出てきて箪笥の上を占拠して、そこから飼い主さんを観察する日々がしばらく続いたのだとか。

オカメインコのような鳥類は敵を警戒するため高いところにとまりたがりますね。しかしだんだん、箪笥の上からテーブルなどの低い場所に移動してきて最終的に飼い主さんの手から餌を食べるようになったということです。

オカメインコのペースを尊重して慌てずに進めることが大切ということです。特別なにかアプローチをするわけでもないですがオカメインコは「この飼い主さんは安全である」ということを学ぶことによりなつくようになるのでしょう。

スポンサード リンク



荒鳥オカメインコをなつくようにする方法

オカメインコオカメインコのケージの傍でなるべく過ごすことを心がけましょう。オカメインコに無理に構わず、ケージの傍で読書でもしていましょう。

オカメインコに「飼い主さんが自分に危害を加えない安心できる存在である」と認識してもらうことが重要です。

●指を差し出すときには斜めから
オカメインコを触る時や餌を手に乗せて与える時などは、オカメインコの真正面ではなくてオカメインコの右か左どちらか斜めからにしましょう。

海外の飼育本に書いてある方法で、荒鳥をなつくようにするための方法として、このような指の近づけ方が書いてあるようです。

全く手が付けられないような本格的な荒鳥をなつくようにさせるには、日本だとあまり書籍がないので海外の書籍をチェックしてみることをおすすめします。

●スキンシップは短時間で

オカメインコに話しかけるにも、手に乗せるにもオカメインコの集中力は長くは続かないので15分くらいで切り上げましょう。

オカメインコに毎日話しかけたり、オカメインコが鳴き声を上げたときに返事をしたりしましょう。また、オカメインコの鳴き声を真似して鳴いてみたり、オカメインコの仕草を真似するというのも意外と良いようです。

これはインコがお互いの真似をして仲を深めるというのを利用しています。逆に、反抗期中で手が付けられないオカメインコなどをおとなしくさせるために、インコの威嚇の鳴き声を物まねするという方法を取っている飼い主さんもいるようです。これがまた効果抜群なのだとか。

スポンサード リンク



●体罰は加えない

オカメインコが噛むという場合、びっくりしても乱暴に振り落としたりなど体罰は加えないようにしましょう。

オカメインコは人間にされた仕打ちを決して忘れることはなく、人間不信になったらもはやなつくようにさせることはとても時間と根気のいる作業になります。

あまり怒鳴ったり、乱暴に扱わないように注意しましょう。

●クリッピングする
オカメインコの風切り羽を適度に切ることで飛ぶ能力を少し落とすというのがクリッピングです。

オカメインコが脱走しないように、壁や家具などに高速で飛び回ってぶつからないようにという目的で行われるクリッピングですが、同時に飛ぶことは野生性を目覚めさせるきっかけになるといわれています。

飼い主さんになつくように育てたければ、クリッピングして本能を思い出すきっかけを作らずに飼い鳥のオカメインコとして育てるようにした方がいいでしょう。

クリッピングは正しく行わないと、羽を通る血管まで切ってしまって血が出てしまったり、オカメインコを怖がらせることで飼い主さんにもっとなつかなくなってしまうこともあります。

なので心配なら鳥専門の獣医さんにクリッピングしてもらうことをおすすめします。

●一羽飼い
オカメインコは、なるべく雛や若鳥の頃から飼い、一羽飼いで飼うことをおすすめします。オカメインコを二羽以上で飼うと、飼い主さんにあまりなつかない可能性もあります。

二羽以上で飼っても、同じ鳥同士のオカメインコよりも飼い主さんの方になつくというケースもあるようですが、一羽だけで飼ったほうが飼い主さんによりなつくことでしょう。

スポンサード リンク



オカメインコがなつく方法まとめ

荒鳥のオカメインコがなつくようになる方法をご紹介しました。

荒鳥で全く手が付けられないような狂暴なオカメインコでも、普通のオカメインコ以上になつくようになったというケースもあるようです。

しかし、同じ飼い主さんが同じ方法で行ったのに臆病な性格のオカメインコはどうしてもあまりなつくことがなかったという例もあります。

オカメインコがなつかないということで困っている飼い主さんも、根気よくしつけることできっと今よりはなつくようになることでしょう。しかしその度合いはオカメインコの性格によって個体差があるようなのでその点は承知の上で行いましょう。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする