オカメインコの冠羽が抜ける!換羽の時の注意点

冠羽が抜けてしまうのにはじめは何か病気かと心配になってしまいますよね。しかし安心してください。オカメインコは年に何回か換羽期を迎えます。

換羽期ではオカメインコの特徴的なとさかである冠羽も抜けるので、冠羽が抜けるとルチノーのオカメインコの場合は頭のおハゲが目立ちますよね。

換羽期は自然なものなので冠羽がいきなりハラハラと抜け落ちてしまっても心配する必要はありません。しかし換羽の時はオカメインコも体力温存で活動的でなくなり、じっとしていることもおおくなりますよね。気性も荒くイライラしがちになることも。

そんな難しい時期でもあるオカメインコの換羽期に飼い主さんが配慮してあげられることをまとめてみましたので確認してみましょう。

スポンサード リンク



オカメインコの冠羽が抜ける!換羽期の特徴

筆毛が生える

オカメインコの換羽期は羽が抜けた後は、筆毛が生えてツンツンした見た目になります。筆毛はストローのようになっていて、中には新しい羽がしまわれています。

そのままにしておいても自然と筆毛が取れて、中の羽が出てきますが、オカメインコの方で飼い主さんに「掻いて」とアピールしてくることもあるでしょう。

そのようなときは筆毛を指で取ってあげてもいいといわれています。もう筆毛が取れる時期なら簡単に指で崩せますが、まだ出来て間もない筆毛の場合は根っこの方に血管が通っているので掻いて取ろうとするとオカメインコが痛がって怒ることがあるので注意しましょう。

スポンサード リンク



怒る

また、オカメインコの冠羽期はオカメインコがいつもよりよく怒ることが増えます。くちばしで噛むのも強く噛んでくるようになります。

また、いつもよりもいたずら行動が増えるといっている飼い主さんも。イライラした行動が増えたり、食欲がなくなってケージでじっとしていることが増えるのも換羽期の特徴のようです。

フンもいつもより水っぽくなるといわれています。このような症状が現れたら、換羽期の到来なので餌などを換羽期用に特別配慮してあげるといいでしょう。

スポンサード リンク



オカメインコの冠羽期の餌

オカメインコの換羽期は、オカメインコ用のネクトンBIOなどのサプリメントをエサと一緒に与えてあげるとよいでしょう。

ペレットにかけたり、飲み水に溶かして摂取させます。オカメインコは換羽期で新しい羽を作り出すのにいつもよりアミノ酸やビタミンやミネラルを消耗するでしょうから、このように餌は栄養を強化して、タンパク質もいつもより多めの餌を与えてあげましょう。

この栄養剤を与えたところ、オカメインコがいつもの換羽期よりもじっと寝ていることが減って、放鳥の時楽しそうに遊んでいる様子も見られるようになったといっている飼い主さんもいます。

おすすめの栄養剤

先ほどご紹介した栄養剤ですが、ネクトンBIOは粉末状です。なので使わないうちにだんだん湿気てカビが生えてきてしまうこともあるようです。

オカメインコを一羽しか飼っていないという場合はなかなか減らずに、使い切る前に残りがカビてダメになってしまうこともあるでしょう。

そんな場合には、「小鳥の知恵」という栄養剤がおすすめです。液体状なのでカビの心配が少ないですし、少量で販売しているので一羽飼いのオカメインコにおすすめです。

こちらも効果は抜群で、飲み水に混ぜて飲ませると換羽期でも元気に飛び回るほどになるといわれています。

スポンサード リンク



まとめ~冠羽が抜ける!換羽期の注意点~

この換羽期には、いつもよりもオカメインコが体力を使うので具合が悪そうな様子が見られますね。

見た目も冠羽などが抜けることであわれっぽく見えてしまいます。せめて換羽期も元気でいられるように、栄養剤をエサにプラスしてあげましょう。

換羽期は二週間くらいで収束します。しかし四季を通して室温が一定だと換羽がダラダラと続いてしまうといわれています。

それはオカメインコにとっても体調が悪い状態が長引くということなので、あまり換羽期が長引くと感じたら室温など調整して鳥の病院も念のため受診してください。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする