オカメインコはオウムの仲間なのになぜオカメ「インコ」?

オカメインコはオウム目オウム科の鳥です。実はオウムの仲間に分類されるのですが、体も小さめですしインコといったほうがしっくりきますよね。

オウムのように頭が良くて、歌を歌ったり飼い主さんのモノマネをしてしゃべるところなんかはオウムっぽいですが・・・。

なぜオカメインコはオウム科に分類されるのか、なぜオウム科なのにオカメインコと呼ばれているのか調べてみました。

スポンサード リンク



オカメインコはオウム科だった!オウム科とインコ科の違い

オウム目オウム科

・オカメインコ、モモイロインコなど全部で21種類の鳥がいます。
・冠羽があるのが特徴です。
・胆嚢があります。しかしオカメインコに限っては胆嚢がないという意見やあるという意見がありどっちつかずです。
・羽毛の色が単色や二色くらいなどシンプルなものが多いです。
・体が大きいのがオウム科と思われがちですが、体の大きさは関係ないそうです。しかしインコ科と比べると比較的体格の良い鳥が多いです。

オウム目インコ科

・セキセイインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、サザナミインコ、ヨウムなど全部で330種類の鳥がいます。
・冠羽がありません。
・胆嚢がありません。胆汁は、肝臓で作られますので大丈夫なんです。
・羽毛の色がカラフルです。
・オウム科の鳥より全体的に小型の鳥が多いですが、ヨウムはかなり体が大きく、体長33センチ、体重は300グラム~500グラムにもなります。冠羽がないのでインコ科に分類されています。

スポンサード リンク



オウム科なのになぜオカメ「インコ」なのか

同じオウム科のオウムとオカメインコですが、冠羽があるという共通点はあるものの、見た目ではあまり似ていなくてどちらかというとオカメインコは「インコ」と呼びたくなる大きさ、見た目ですよね。

オカメインコというと、体が白くて顔が黄色い「ルチノー」をイメージする人も多いと思いますが、そもそもオカメインコの原種の色は灰色なので、体色が白色のオウムと似ている点はあまりないんですね。

なのでオカメインコはオウム科だけれども「オカメオウム」ではなく「オカメインコ」と名前が付いたのではないかと考えられています。でもオウムって白色のイメージよりむしろ赤とか青のカラフルなイメージがあったので、この説は最初いまいちしっくりきませんでした。

スポンサード リンク



調べてみたところ、オウムの羽毛の色はインコと比べると一般的にはあまりカラフルではなくて、白もしくは灰色、黒をしているのだといわれています。

しかしカラフルなオウムもいますが、このようなオウムやカラフルなインコは野生では目立つので天敵に狙われやすくなるのではないかと疑問がわいてきますよね。

その点についても調べてみたところ、オウムやインコに限らずカラフルな羽毛を持つ鳥というのは、生きる場所がたいてい密林なのだといいます。木々がうっそうとしている環境で仲間を見つけ出すためにはカラフルな羽毛が役に立つのです。

天敵に狙われやすくなるかというと、そうでもないようで、オウムやインコを狙う肉食獣はあまり色の違いを認識できないので心配ないようです。色の違いを人間と同じように認識できるサルのような動物もいますが、サルはそもそもインコやオウムを食べないですから、色の点については派手な羽毛でも別に安心というわけですね。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコとオウムの違い~

オカメインコはオウム科に分類されますが、それは後から学問的に分けたというだけで、昔の人が適当にインコっぽいからインコと名付けただけのようですね。

オカメオウムという名前は確かにしっくりきません。オカメインコの名前が付けられた由来ですが、ご想像の通りほっぺのチークパッチがオカメのお面にそっくりなことから、オカメインコと名付けられたようです。

他にもダルマインコとか、美声インコとか「そのまんまじゃん」という名前が付けられているインコたちもいますね。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする