オカメインコが鳴かないのは病気?オスなのに鳴かない?

オカメインコが動画などでしゃべったり歌ったりしているのを見てあこがれる人は多いと思いますが、オカメインコをお迎えして一緒に暮らしていても、オカメインコが鳴かない場合もありますね。

また、今まで良く鳴いたりしゃべったりしていたオカメインコが気が付いたらあまり鳴かないというケースもあります。

オカメインコがあまり鳴かない原因と、急に鳴かなくなったという場合に考えられる原因を確認して行きましょう。

スポンサード リンク



オカメインコが鳴かない原因

そもそも論として、オカメインコのメスはあまり鳴きません。オスはよくしゃべったり歌ったりもします。オカメインコのオスメスの判別は専門家でも失敗することがあるほどなので、素人にはなおさら見分けるのが難しいでしょう。

特に雛のうちはオカメインコのオスとメスで違いがあまりありません。成長すれば行動や羽の模様などで大体検討を付けることもできますが、ペットショップからお迎えするときにオスを選び出すのはなかなか難しいことです。

ですからオカメインコがお迎えしてからまだあまり鳴かない、しゃべる真似の練習をしないということであれば、そのオカメインコはメスである可能性もあります。オスメスの見分け方はこちらの記事でご確認ください。オカメインコのオスとメスの見分け方

スポンサード リンク



環境の変化

オカメインコは環境の変化にとても敏感です。臆病な鳥であるため、環境に慣れていない、ケージにまだ慣れていないなどの理由で鳴かないということも考えられます。

また、動物病院に連れていくとか、なんらかの環境の変化で緊張して鳴かないということもあるでしょう。ケージ内の餌入れの配置などが変化するなどちょっとしたことでも鳴かないということもあるようです。

ケージ自体の置き場所が変わるというのもよくありません。発情抑制のためには適度にストレスを与えることも効果的なので、あえてケージのレイアウトを変えたりする飼い主さんもいます。

ストレス

オカメインコはストレスで鳴かないということもあります。環境の変化自体もストレスですが、それ以外にも大きな物音や犬など他のペットの存在、睡眠不足、栄養失調、室温が寒いまたは暑い、湿気が多いなどもストレスになるでしょう。

オカメインコにとって欠かせない日光浴や水浴びをストレスに感じる場合もあります。特に日光浴で怯えるというオカメインコも多いようです。水浴び嫌いなオカメインコなら水浴びはかなりストレスにになるでしょう。

一時的なことなら鳴かないのも問題ありませんが、鳴かない状態が続くようなら慢性的なストレスがあるということなのでストレスの原因を見極めて解決しましょう。

スポンサード リンク



眠い

眠い場合も鳴かないということはあります。睡眠不足気味のオカメインコは昼間でもうとうと眠ることがあります。

睡眠時間は10時間以上が良いといわれていますが、人間に飼われているオカメインコは電気の明かりで夜遅くまで眠れないこともあり睡眠不足気味だといわれています。

日暮れになったらケージを暗くして静かな環境に置いてあげましょう。オカメインコは眠い時に羽を膨らませたり目を閉じたり、半目になってくちばしをギョリギョリとこすり合わせて研いだりします。

オカメインコは眠りが浅くて警戒心が強いので、ちょっとした物音や気配で眠りが途絶えてしまうこともあります。オカメインコのケージに布をかけて暗くしたら、朝までめくったりしないようにして静かな環境に置いてあげましょう。

スポンサード リンク



病気

疥癬、腸炎、腫瘍など何か病気になっている場合じっとしてあまり鳴かないという様子が見られることがあります。

オカメインコは具合の悪い様子をなるべく見せないようにするという習性がありますが、もし具合が悪そうだと感じたらすぐに動物病院に連れていきましょう。

具合が悪い時は羽が膨らんでじっとする様子が見られることもありますが、そのような様子があからさまに見られたらかなり体調が悪いのかもしれません。

普段からオカメインコをよく観察している飼い主さんのカンは大切です。餌を食べているかなどをフンのチェックや毎日の体重測定から確認しましょう。病気を隠すために食欲がないので食べたふりをすることがあるといわれています。

しかしフンや体重は嘘をつきませんから、オカメインコがちゃんと食べているか、食欲低下がないかどうか調べることができます。

スポンサード リンク



年寄りだから

オカメインコの場合6歳にもなると高齢と呼んでよい年齢になります。

見た目はオカメインコの場合人間ほど老化が見られませんので分かりにくいですが、だんだん活動量も衰えてきて若鳥の頃よりじっとしていたり鳴かないということになってきます。

全く鳴かないという場合はもうすぐ寿命が尽きるというときだといわれてもいます。全く鳴かないという状態から何日かで落鳥することもあります。

栄養価の高い餌や、快適な環境づくりによってオカメインコが長生きできるように若鳥の頃から心がけましょう。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコが鳴かない原因~

オカメインコが鳴かないというのは、そもそもメスであるという可能性もありますし、病気や老化、睡眠不足、ストレスなどが考えられるということでしたね。

オカメインコの様子を観察して、何かいつもと変わったことがあれば念のため病御院で診察してもらいましょう。

スポンサード リンク