[書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥する(亡くなる)9つの要因。300円(税込)

オカメインコが掃除機でパニック?掃除機は脂粉対策に何回かける?

オカメインコは掃除機のうるさい音でパニックになってしまうということもあります。オカメインコでなくても、犬とか猫でも掃除機の音を嫌う子もいますよね。

しかしオカメインコから出る粉、脂粉の対策には掃除機でこまめにお掃除したいものです。オカメインコの脂粉掃除に掃除機代わりに使えるアイテムや、掃除機は一日何回くらいかけているか、掃除機の音に怖がらなくなるには?などご紹介します。

スポンサード リンク



オカメインコが掃除機にパニック!

オカメインコをお迎えして間もなくだと、ただでさえ環境に慣れずにストレスや緊張を感じているはずなので、掃除機の音を聞かせるのは可哀想ですよね。

その場合はとりあえずケージを別の部屋に移動したり、掃除機以外のお掃除道具で掃除するほかないでしょう。

掃除機がダメかどうか調べるには、まず隣の部屋や廊下などでかけてみて、大丈夫だったら同じ部屋でもかけてみましょう。

最初はパニックになってしまっても、だんだん慣れて掃除機の音が大丈夫になるということもあるようです。日常的に聞く音には耐性が付いていくようですね。ただし、掃除機を買い替えるなどして新しい掃除機の音を聞かせるとパニックになることがあります。

スポンサード リンク



オカメインコの脂粉は一日何回掃除する?

オカメインコは、他のインコに比べると脂粉と呼ばれる粉がたくさん出ます。オカメインコの首回りなどをカキカキしてあげる時、指に白く脂粉が付くこともありますね。または、放鳥中に飛んで窓にぶつかったときにオカメインコ型に脂粉が残ったりすることもあるのだとか。

※窓を認識できないオカメインコ。危険なので放鳥中はレースカーテンなどを閉めてぶつからないように予防しましょう。

なのでこまめなお掃除が必要ですよね。オカメインコの脂粉対策に、掃除機は一日何回くらいかけるものなのか飼い主さんたちの意見を調べてみました。

スポンサード リンク



1日2回は必要

朝と夕方の放鳥の後、一日二回は最低限掃除機をかけるという飼い主さんがいます。放鳥すると羽や脂粉や餌の食べかすなんかがたくさん落ちますよね。

換羽期は特に、抜けた羽やら脂粉やら、筆毛のほぐした殻だとかですごく散らかりますよ。放鳥中にケージの外で餌を食べさせる場合はさらに餌もポロポロあちこちにこぼれてお掃除が必要です。

ちなみに掃除機でおすすめはマキタというメーカーのコードレスクリーナーだそうです。鳥を飼っている人はマキタの掃除機を使っている人が多いというウワサもあります。

スポンサード リンク



ハンディ掃除機でこまめに

ちいさなハンディタイプの掃除機を持ちながらオカメインコたちと遊び、何かこぼしたらすぐに掃除機で吸ってしまうという飼い主さんもいます。ハンディクリーナーは気軽に使えるので、こまめにお掃除しやすく便利ですね。

掃除機といえば、こんなかわいい動画を見つけました。
オカメインコが掃除機の風にうっとりしている動画

掃除機にこんなに慣れているオカメインコもいるんですね。

スポンサード リンク



掃除機以外の脂粉対策

ダイキンの空気清浄機がとても高性能で、脂粉をごっそりとってくれるといっている飼い主さんもいるようです。でも空気清浄機だとフィルターのお掃除サインがすぐに出てしまって、こまめにフィルターをお掃除しないといけなくなって大変だという話も聞きます。

掃除機以外には、コロコロローラーやホウキを使って脂粉や羽毛を掃き集めるという方法を取るというのもいいかもしれませんね。しかしホウキは空中に細かな毛が舞ってしまうのでコロコロの方がいいかもしれません。

脂粉対策には、目の細かなレースカーテンを使ってケージを包んでいるという人も。それでも餌はケージの下に落ちてくるので掃除機をかける必要がありますが、だいぶ掃除が楽になります。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコと掃除機~

オカメインコに掃除機に慣れてもらうためにも、まずは隣の部屋で掃除機をかけ、大丈夫なようならケージの周りを掃除機がけしてみてはいかがでしょうか。

コロコロやホウキなどもありますが、やはり床の溝などに落ちた脂粉は掃除機でないと綺麗にお掃除できませんから、慣らす方が良いでしょう。

こまめにお掃除するには、ハンディクリーナーが一つあると便利そうですね。コード付きとコードレスとありますが、オカメインコに合わせて移動しながらならコードレスが良いと思います。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする