オカメインコのフンや口が臭い?考えられる病気

オカメインコのフンや口が臭いという場合、考えられる原因は何でしょうか。人間でも便や口が臭いというのは便秘や病気などが考えられますよね。

また、水浴びすると体がとても鳥臭くなるオカメインコもいますが、それは自然なことなのか、何か対策法はあるのかについてもご紹介します。

スポンサード リンク



オカメインコのフンが臭い原因

オカメインコのフンが臭いというのは、人間と同じく腸内細菌バランスの崩れ、排便困難などでフンが長い間体内にとどまっていたということです。

メスのオカメインコの産卵時などは、産卵の孔と排泄孔が同じなため、フン尿が制限されます。また、抱卵期にも卵が実際あるなしにかかわらず卵を温めるそぶりを見せてじっとしてることがあり、その間フンはまとめて出すためにしばらくため込みます。

そのためメスのオカメインコの場合発情期はフンが臭いということが起こります。臭いフンからは、クロストリジウムという菌が存在することが多いです。この菌はオカメインコなど鳥類にとっては無害ですが、人間にとっては食中毒になることがありますのでフンとの接触には気を付けましょう。

スポンサード リンク



オカメインコの口が臭い原因

オカメインコで口が臭いのは特に病気というわけでもないようです。

常時口がシードのような何とも言えない臭いがしている場合もありますし、食後と寝起きだけ口が臭いオカメインコもいるようです。

オカメインコで口が臭いのは、生理的な臭いなので多少は仕方がないと言えそうです。しかし、人間の食べ物を食べるというオカメインコが共通して口や体の臭いがキツめだというデータがあります。

人間の食べ物を食べなくても、シードが強くなったような臭いはあるようです。シード臭さは別に体に問題ないでしょう。しかし本当に健康な個体の場合は口が臭いとは特に感じず、お日様のニオイといっている飼い主さんもいます。

餌は、シードと野菜、ペレット、オカメインコ用のクッキーなどですが、全くにおわないといっている飼い主さんも。

やはり臭いが強いとか、あまり変な臭いがするようなら、そのう炎などで細菌が増殖してしまって変な臭いが発生している可能性が考えられます。

消化が困難な人間の餌を与えない、加熱した穀物などのαでんぷんを与えないなどに気を付けてください。これらは真菌の増殖などを促し、そのう炎によって異常な口の臭いが発生してしまう原因になります。

スポンサード リンク



オカメインコの体の臭いが水浴びで強くなる

水浴びをするとオカメインコの体の臭いが強くなるということがありますね。

水浴びで臭くなるのは普通のことです。オカメインコだけでなく他のインコでも、濡れるとインコ臭が強くなります。

しかし、水浴びの臭いが耐えられないという飼い主さんもいるようです。思わずシャンプーや洗剤などで洗ってあげたくなってしまうという人も。

しかし羽毛は油でコーティングされているので、それが落ちてしまうと体温調節が上手くできずに体調を崩す原因となってしまいます。

なので水浴びでは脱脂力の強いお湯も使ってはいけず、必ず水を使うようにといわれていますよね。水浴びが終わったら、なるべく温かい部屋に置いて風邪をひかないように気を付けましょう。

水浴び後に温かい部屋におらず、いつの間にかケージに戻っていて、寒さで震えているということもあるようです。ドライヤーを遠くから当てて手早く乾かしてあげるといいでしょう。あまり近くからドライヤーを当てると火傷してしまいますからね。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコの臭い~

まとめると、
・オカメインコのフンの臭いは、フンをためて出したため
・口の臭いは、そのう炎など細菌の増殖

・水浴びすると臭いのは自然なこと

ということでした。フンが臭いという場合、メスの発情期以外で臭いなら便秘など排泄障害の可能性があるのでいちど獣医さんで診てもらったほうがいいかもしれませんね。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする