[書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥する(亡くなる)9つの要因。300円(税込)

オカメインコはクリッピングをする・しない?クリッピング方法

羽ばたきの練習をし始めた雛のオカメインコの場合、脱走防止や部屋の環境などの要因からクリッピングした方がいいのではないかと悩む飼い主さんは少なくありません。

クリッピングするといっても、全く飛べなくなるのはオカメインコにとってストレスになりますし可哀想ですよね。あくまでも、壁などへの激突防止などの意味で、飛ぶ速度を落とせればよいと考えていると思います。

オカメインコの飛ぶ速度を落とせる上手な羽の切り方というのはどのようなものでしょうか。クリッピングの方法や注意点などについて確認して行きましょう。

スポンサード リンク



オカメインコのクリッピングする派・しない派

オカメインコのクリッピングをするかしないかは、飼い主さんによって意見が様々あるようです。

オカメインコに嫌われそうだし、でもクリッピングをしないと危険かもしれないしといった思いで迷いますよね。

飼い主さんたちはどのような意見を持っているのか調べてみました。

クリッピングする派

・壁に激突すると危ないのでします。

・クリッピングしていないオカメインコでガラスに激突するというアクシデントが数件起きていますので、衝撃緩和のためにクリッピングするのは良いと思います。

※オカメインコはガラスを見分けられないのでレースカーテンなどを引くとよいでしょう

・思い切り飛び回らせていると、オカメインコの本能が目覚めてきてあまり人に懐かなくなるといわれていて、クリッピングすると飼い主さんによく懐きオカメインコとの距離が近くなるのでします。

・もし脱走したら、カラスなど天敵に狙われたりして命にかかわるので、脱走防止のためにします。

スポンサード リンク



クリッピングしない派

・雛のうちは体の成長のため飛ばせた方がいいのでクリッピングしません。いずれ飛ぶうちに問題が発生して来たら考えます。

・たとえクリッピングしたとしても筋力が付いてくるとかなり飛べるので、脱走防止や迷子防止効果はあまりないように思えます。しかし壁に激突しそうな危険な飛び方をする場合のみ、クリッピングをすると飛ぶ速さが落ちるのでします。

オカメインコのクリッピングの方法

注意点

止血剤は必ず準備しておきましょう。誤って血管を切ってしまった場合はオカメインコにとって少量の出血でも危険になる場合があります。

止血剤は市販に売っているものでもいいですが、なければ片栗粉や小麦粉でも代用できるといわれています。

また、クリッピングをすると場合によってはオカメインコとの仲が悪くなってしまというリスクもあります。特に血管を切ってしまった場合、人の手を怖がるオカメインコになってしまう可能性もあります。

上手くクリッピングする自信がなくて、心配なら専門家や獣医さんにクリッピングしてもらうといいでしょう。

スポンサード リンク



クリッピング方法・羽の切り方

オカメインコが羽を切られているところを見ないように、タオルでくるんで保定しましょう。

クリッピングの仕方の一例ですが、外側の羽を一枚残し、二枚目と四枚目を浅めにカットするという方法で、ちゃんと飛ぶスピードが落とせたとのことです。

まとめ~オカメインコのクリッピングする・しない?~

オカメインコは、セキセイインコなどの小型インコよりもおっとりとしていて動作がゆっくりな個体が多いイメージがありますね。

あまり放鳥の時も飛び回らずに、ちょっとした移動の時だけ飛んだり、基本的に飼い主さんの傍を離れないというオカメインコも多いようです。そのようなオカメインコにはクリッピングは必要ないでしょう。

また、オカメインコというとオカメパニックで有名ですが、パニックを起こした時に羽が抜けてしまってしばらく飛べなくなってしまうというケースもあります。

スポンサード リンク



クリッピングするまでもなくという感じですね。クリッピングは、壁にぶつかって危険そうな場合のみ必要なのではないかと個人的に思います。

脱走防止は、窓を閉めるというのを徹底していればまず大丈夫でしょう。ただし、飼い主さんがちょっと網戸を開けた拍子にすごい速さで飛んで行って脱走してしまうケースもあるようなので、絶対にオカメインコを放鳥時は窓も網戸も開けないように気を付けましょう。

オカメインコが脱走したエピソードについてはこちらオカメインコの天敵は?天敵とオカメインコのエピソード

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする