オカメインコの脂粉対策!空気清浄機とケージカバーで鳥アレルギーも大丈夫!

オカメインコはインコの中でも脂粉が特に多く出る鳥ですね。飼っている人の中には鳥アレルギーを発症している人もいて、そのような人は特にオカメインコの脂粉を吸い込まないようにしっかり対策する必要があります。

飼っていたら風邪のような症状が出て、鼻水や咳などが出たり微熱が続いたり、という飼い主さんもいます。

オカメインコをお迎えしたその日から症状が出始め、病院に行ったら風邪だと診断されたのですが、大きな病院で診てもらったら鳥アレルギーだと判明したそうです。

そんな鳥アレルギーの飼い主さんは、オカメインコがいる部屋に入ると咳が止まらなかったそうですが、空気清浄機やテーブルクロスを使った脂粉対策で、鳥アレルギーの症状がピタッと止まり気にならなくなったそうです。

そんな効果抜群のオカメインコの脂粉対策についてご紹介します。

スポンサード リンク



オカメインコの脂粉対策・空気清浄機

オカメインコの脂粉対策には、空気清浄機をオカメインコのケージのすぐ近くに置くことによって、脂粉を吸い込んでくれます。

空気清浄機はフィルターが数日で真っ白になるのでこまめに掃除して脂粉を取り除く必要がありますが、これですこし鳥アレルギーの症状もマシになるようです。

しかし完全にアレルギー症状が治まったわけではないので、アレルギー対策としてはまだ不十分です。

ちなみに、空気清浄機はダイキンの空気清浄機が評判が良いのでおすすめです。

オカメインコを飼っている飼い主さんで、ダイキンの回し者ではないですが一番おすすめできるとのことで、威力はお墨付きで良い仕事してくれるそうです。

フィルター掃除は一週間に一度必要とのこと。フィルターを外すとすごく脂粉だらけだそうです。

しかし、空気清浄機よりも脂粉対策にはもっと良い方法があります。

スポンサード リンク



オカメインコの脂粉対策・ケージカバー

オカメインコの脂粉対策には、ケージカバーがおすすめです。ケージをスチールラックに移動させ、100円ショップでも売っているような透明のテーブルクロスを巻き付けます。

これはとても効果があり、鳥アレルギーの症状がすっかり治まったそうです。テーブルクロスは透明なのでオカメインコからも飼い主さんが良く見えて問題ありません。

また、保温対策にもなるので冬場は暖房の熱を効率よく使いオカメインコを温めることができます。

ただし、注意点は酸欠にならないようにケージの外側のスチールラックに巻き付けることです。ケージに直接巻き付けてはいけません。酸欠になる可能性もありますし、オカメインコがかじってしまったり暖房器具によって溶けてしまうリスクもあります。

コストパフォーマンスは高くなりますが、スチールラック以外ではアクリルのケージカバーを購入しても良いでしょう。

スポンサード リンク



オカメインコの脂粉対策・拭き掃除

オカメインコの脂粉対策は、掃除機で脂粉を吸って掃除する人が多いですが、脂粉をかえって舞い上げてしまうのでアレルギーの人には向きません。

雑巾などで水拭きしましょう。こまめにお部屋を水拭きすることで脂粉を効果的に除去します。

オカメインコの脂粉対策でおすすめしたいのがマイクロファイバーの雑巾です。マイクロファイバー雑巾は、洗剤など使わなくても汚れを落としやすく、雑巾の汚れも落ちやすくて乾きやすいので衛生を保ちやすいです。

スポンサード リンク



まとめ!オカメインコの脂粉対策・空気清浄機など

オカメインコの脂粉対策についてまとめると、

・オカメインコの脂粉対策に空気清浄機はダイキンがおすすめ。
・空気清浄機よりも、テーブルクロスが効果的。
・こまめな水拭き掃除を。

ということでした。鳥アレルギーは、今まで大丈夫でも突然発症することもあるようなのでオカメインコの脂粉を普段からなるべく吸い込まないように対策しましょう。

以上、オカメインコの脂粉対策でした。

スポンサード リンク