[書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥する(亡くなる)9つの要因。300円(税込)

オカメインコ・シナモンの特徴、オスメス判別法、歴史、値段

オカメインコのシナモンの特徴についてご紹介します。

茶色っぽい色が温かみを感じさせる、女性に人気の色合いのオカメインコ、シナモン。

シナモンは別名をイザベラ、チョコレートなどと呼ばれることもあります。

ちょっと難しい話ですがルチノーと同じく性染色体劣性遺伝で、両親がシナモン遺伝子を持っていないとオスは生まれないので、メス率の高い種類です。

そんなオカメインコシナモンの特徴や歴史、値段などについてご紹介します。

スポンサード リンク



オカメインコ・シナモンの特徴!羽の色

オカメインコのシナモンという品種は、ノーマルオカメインコとよく似ていますが、ノーマルと違ってメラニン色素の色が茶色の種類です。

雛の時はブドウ目と呼ばれる色の目ですが、成長するにつれて黒目に変わってきます。

しかし全体的には原種に近いという特徴があり、メラニン色素が茶色という以外はほとんどノーマルオカメインコと同じです。

オカメインコというと、白い体に黄色い頭、赤い丸いほっぺのルチノーを思い浮かべるという人も多いかもしれません。アニメなどでもルチノーのオカメインコが描かれることが多いですよね。

真っ白な体が美しいルチノーと比べてオカメインコのシナモンという品種は温かみのある色合いで女性や小さい子に特に人気のオカメインコです。

オカメインコのまったりおっとりした性格に良く似合っている、やさしい色合いが良いですよね。

スポンサード リンク



オカメインコ・シナモンのオスとメスの見分け方

オカメインコのシナモンという品種が原種と違うところは、原種よりもクチバシとか足の色が薄めです。

メスのオカメインコのシナモンは原種より顔の色が黄色味が強いです。ただ、オスとの黄色味の差はやはりぱっと見で分かるほどです。

シナモンはオスとメスの見分けがつきやすいので、オスをお迎えしたい、メスをお迎えしたいと性別にこだわる人はオカメインコのシナモンを飼うことをおすすめします。

オカメインコのルチノーは、オスとメスの性別の判別がつきにくく、オカメインコに詳しい専門家でも見誤ってしまうこともあるといわれています。

大人のオカメインコなら、鳴く・鳴かない、しゃべる・しゃべらない、無精卵を産む・産まないなどを通して見分けることもできますが、ペットショップで購入するオカメインコの雛の頃の段階ではオスとメスを見分けるのはかなり困難だということで知られていますよね。

オスの方が性格的には幼く開放的で歌や口笛、言葉なども良く覚えて歌ったりしゃべったりする傾向が強いです。メスよりも断然面白い性格をしているのはオスですね。

動画とかでも口笛で歌を歌っているのを見てオカメインコ飼いたいと思った人も多いのではないでしょうか。

オスを飼いたい人はルチノーではなくノーマルやオカメインコのシナモンという品種が良いですね。オスとメスの見分けが簡単です。

スポンサード リンク



オカメインコ・シナモンの歴史

オカメインコのシナモンという品種の歴史ですが、1960年代の後半、ベルギーにて誕生しました。

同じくオカメインコのシナモンでも、顔が色抜けしたホワイトフェイスシナモンは、1969年にオランダで誕生しています。

シナモンのオスとメスを判断する一番の材料となる顔の色が抜けているため、ホワイトフェイスシナモンの場合はオスとメスの判断が難しいです。

ホワイトフェイスシナモンは、全身の黄色い色素が抜けていて、ほっぺのチークパッチもありません。

スポンサード リンク



オカメインコ・シナモンの値段は?

オカメインコのシナモンという品種は、どのくらいの値段で販売されているのでしょうか。オカメインコは数々の種類があるので種類によって値段もまちまちですよね。

オカメインコのシナモンは、比較的安めでペットショップでは1万6千円~2万4千円くらい、ブリーダーさんでは1万2千円~1万9千円くらいで購入できます。

ちなみに一番安いのはノーマルのオカメインコで、ペットショップなら1万円~1万5千円、ブリーダーさんから購入すると7千円から8千円で購入できます。

一番高いのはホワイトフェイスと呼ばれる品種で、頬の赤いチークパッチがなく真っ白な顔が美しいということで人気があります。ペットショップでは2万5千円~3万8千円、ブリーダーさんなら1万7千円~2万8千円で購入できます。

アルビノも高く、3万円~4万円近くします。アルビノとは違い黒目ですが、同じく全身真っ白のホワイトフェイスクリアパイド、別名スーパーホワイトやスノーホワイトなどと呼ばれる品種も希少価値が高く値段が高いです。

珍しいスノーホワイトについての詳細はこちらでご紹介しています。
オカメインコのスーパーホワイトの特徴・値段・ショップ

スポンサード リンク



オカメインコのシナモンまとめ

オカメインコのシナモンという品種の特徴や歴史、値段についてご紹介しました。
まとめると、
・オカメインコのシナモンという品種は茶色がかった色が温かみがあって小さな子や女性に人気。

・オカメインコのシナモンという品種のオスとメスの違いは顔の黄色味の強さで、比較的分かりやすい。

・ホワイトフェイスシナモンは顔が色抜けしているので分かりにくい。

・オカメインコのシナモンという品種は、ペットショップでは1万6千円~2万4千円くらい、ブリーダーさんでは1万2千円~1万9千円くらいで購入できる

ということでした。

スポンサード リンク