[書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥する(亡くなる)9つの要因。300円(税込)

オカメインコの先祖は恐竜だった?恐竜が進化して鳥になった

オカメインコの祖先は恐竜だったのかという話題についてです。

恐竜に最近興味が出てきて調べていましたら、恐竜は絶滅していないというのがもはや新常識になっているようですね。

恐竜が絶滅していないなんて何を言っているんだ?と思われるかもしれませんが、恐竜は鳥になって今も私たちの身近なところに生きています。あの可愛いオカメインコも、もともと恐竜だっただなんてちょっと信じがたいですね。

しかし、遺伝子の研究によるとと鳥類のくちばし、羽などは恐竜になることが分かっているようです。しかし恐竜は絶滅したはず。

どうして恐竜はオカメインコなどの鳥に進化したという説があるのでしょうか。そんな疑問について詳しく見ていきましょう。

スポンサード リンク



オカメインコの先祖が恐竜?絶滅していなかった?

恐竜というと何を想像するでしょうか。肉食のティラノサウルス、草食のスーパーサウルスなどをイメージする人が多いのではないでしょうか。

また、翼を持ち空を飛ぶ恐竜もいますよね。翼をもった恐竜が今現在の鳥に進化しているのかと思いきや、実は肉食動物のティラノサウルスのような獣脚類という種類の恐竜が進化して鳥になっているといわれているのです。

※ちなみに翼をもった恐竜、プテラノドンは本当は恐竜には分類されないそうです。

あのおっとりしたオカメインコが、獰猛で怖いイメージの強い恐竜が進化したものだなんて、全くしっくりきませんね。

スポンサード リンク



恐竜とオカメインコの共通点

しかしティラノサウルスのような恐竜と鳥の骨格は似通った部分がたくさんあるといわれているのです。

オカメインコの首の骨格、胸の骨格、手首の骨格、恥骨など、合わせて100カ所以上もが同じだといわれています。

そればかりではなく、オカメインコのような鳥類と恐竜では、呼吸器官が同じだといわれているのです。鳥は気嚢(きのう)という呼吸器官をもっています。獣脚類にも気嚢があります。

現在地球に存在する生き物の中で気嚢を持っているのは鳥だけです。つまり、オカメインコなどの鳥は恐竜が進化して鳥になったという説があるんですね。

鳥はとても呼吸器系が弱いことで知られていますね。敏感で、ちょっとのガスにも気づくことができますので石炭掘りの時代にガス探知機として活躍した歴史もありました。

そして恐竜が生きていた頃の地球というのは、今よりも空気の構成が二酸化炭素濃度の高い空気になっていたようですね。

なのでより効率的に呼吸をするために、今の鳥類が持っているような気嚢ができたようです。

スポンサード リンク



しかし、二酸化炭素に対応するために獣脚類だけが気嚢を持っているというのはおかしいですね。獣脚類以外の恐竜全体も気嚢を持っていたかもしれないといわれていますが、定かなことは分かっていないようです。

そして恐竜は、今現在のオカメインコなどの鳥と同じように、卵を産んで温めたりしていました。皮膚はツルツルしているようなイメージがあるかもしれませんが実際には羽毛も生えていて、羽毛が残った化石も次々見つかったりしているようです。しかも、恐竜の色なども分かる化石も出てきたようですね。

恐竜はまるで、今のカラフルなインコたちの羽毛のように、とてもきれいでカラフルだったり縞模様があったりしていたようです。

オカメインコはそれほどカラフルではなくて白と黄色、灰色、シナモン色などの地味めの色ですが、オウムとかセキセイインコとかはとってもカラフルな羽毛を持っていますよね。

恐竜は狂暴なイメージがありますが、綺麗な鳥達のようにカラフルな羽毛を持っていたというのはちょっと意外ですね。

スポンサード リンク



まとめ~オカメインコは恐竜が進化したものだった!~

オカメインコなど鳥類が実は恐竜の進化した生き物だった!という事実が分かり、新鮮な驚きでしたね。

今のオカメインコや小さな可愛いインコたちからは想像もつきませんが、実は恐竜が進化して今の鳥類ができていたんですね。

小さい鳥ではセキセイインコやスズメまで、今ではかなり小さく進化してしまった恐竜ですが、進化するとどんどん小さくなる傾向ってあるのでしょうか。

ゴキブリやアリなどの昆虫も古来は今の4倍ほどのサイズだったといわれています。この小型化現象は、地球の温暖化が影響しているという説もあるようです。研究によると5500万年ほど前に温暖化がおき、それから小さくなっていったのではないか…といわれています。

スポンサード リンク



恐竜と言っても、ティラノサウルスのような大型な恐竜は珍しい方で、平均的には大型犬くらいの大きさの恐竜が多かったといわれています。それが四分の一になったと考えれば、セオカメインコやキセイインコやスズメみたいな小さな鳥に進化したというのも不思議ではありませんね。

鳥といっても鶴やハシビロコウみたいな大きな鳥もいますからね。ハシビロコウをご存知ですか?群青色であまり動かない動物園の名物的な鳥です。

ダチョウとかも大きい鳥ですし、ティラノサウルスはそのような大きな鳥に進化したのかな?なんて思います。

以上、オカメインコにまつわる雑学でした。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする