オカメインコの爪切り頻度はみんな何ヶ月くらいが目安か

オカメインコの爪切りは、どのくらいの頻度が良いのかについてご紹介します。

爪切りとはいっても、オカメインコによっても爪の伸びる速さはまちまちだとは思いますから頻度も変わってくるでしょう。

しかし、止まり木に止まっているオカメインコの足の爪が、どのくらいになったら爪切りのタイミングだとか、何か目安があるはずですね。

切らないでいると、爪の中の血管までもが合わせて伸びてしまって、そうなると元の長さに戻すには何度かに分けて切り、血管が縮むのを待ちながらちょこちょこと爪切りをしていかなければなりません。

ですから頻度を確認して、定期的にオカメインコの爪切りを行いましょう。

また、切らなくても済むようになる(!?)素晴らしい止まり木アイテムもご紹介しますのでぜひ最後まで目を通してください。

スポンサード リンク



オカメインコの爪切りはどのくらいの頻度?

爪切りは、オカメインコの場合何ヶ月くらいの頻度かというと、あるオカメインコでは3ヶ月に一度くらいです。

止まり木に止まりにくそうだと感じたら、それは爪の伸びすぎです。そうならないようにするのがオカメインコの爪切りの正しい頻度ですから普段からオカメインコの様子を観察しましょう。

オカメインコは、あまり頻繁な爪切りだとオカメインコに負担がかかりますが(精神面での負担)、あまり爪が伸びすぎると今度は布に爪が食い込んで取れなくなり、オカメインコが嫌がる(痛いのかもしれません)こともあります。

爪切りの間隔が空きすぎて長めのツメだと、オカメインコに足の痛みを与えてしまっているかもしれませんし、飼い主さんも肩や腕などにとまられた時にオカメインコが食い込んで痛いかもしれませんね。

布に引っかかると、変に足を捻挫したりする危険性もあります。場合によっては取ろうと力を入れた際に骨にヒビが入るかもしれません。(←普段からカルシウムを与えたり、日光浴させてビタミンDを補い骨の強い丈夫なオカメインコに育てておきましょう)

ですから、オカメインコの場合爪切りは3ヶ月くらいが目安と心得ておきましょう。

オカメインコにとっては死にそうに嫌がる爪切りですが、オカメインコが嫌がらない方法はこちらの記事でご紹介していますのでぜひお読みください。
オカメインコの爪切り方法!嫌がるオカメインコもご機嫌になるタオルの使い方

スポンサード リンク



オカメインコの苦手な爪切り頻度を下げる

オカメインコは爪切り嫌いですから、頻度をなるべく下げるアイテムについてご紹介します。

オカメインコにとってはとても嫌なことですから頻度が下がれば下がるだけ喜びますね。

動物病院なんかで爪切りしてもらっているオカメインコの顔は、飼い主さんによれば「死にそうな顔」と表現できるくらいだそうで…(笑

そんな死にそうな思いを爪切りの度にするのは、オカメインコにとって辛いことでしょう。

ですから爪切り頻度が下がるように、(というかまったくしなくて済むようになるかも)以下のアイテムを活用してみることをおすすめします。

●止まり木に巻く、サンドペーパー(ヤスリみたいなザラザラした紙のような製品)

●ヤスリが仕込まれた爪伸び防止効果のある止まり木

前者のサンドペーパーは、オカメインコ自身がくちばしでかじってボロボロにしてしまうという場合も考えられます。

そんな危険性もありますが、メリットももちろんあります。

それは、オカメインコの足裏が傷付かないように飼い主さんで巻く加減を調節できること。

サンドペーパーを短めに切って、止まり木の下から巻けばオカメインコの足裏が削れなくて済みます。

スポンサード リンク



●後者の爪伸び防止止まり木は、製品によって品質に大きな差があるので選び方が大切です。

重くて万が一落ちたら怪我をしそうな製品や、足裏の当たる部分までヤスリ成分になっている気の利かない止まり木もあるのです。

軽くて、爪の部分にのみヤスリが当たるような止まり木もありますからご紹介します。

「ネイルマジック」という止まり木です。
オカメインコが止まりやすくて足裏も無事で、軽量。

かゆいところに手が届く製品です。

オカメインコの苦手である爪切りの頻度が下がるようにぜひ役立ててください。

警戒して最初は今までの止まり木にばかり止まっていたりして、なかなか爪切りをしなくて済むための止まり木には止まらないということもあるかもしれません。

従来の止まり木は外して、オカメインコがネイルマジックの止まり木に慣れれば止まってくれるようになるでしょう。もう少しやさしいカラーなら良いのですが、ちょっと奇抜なカラーにオカメインコはちょっと警戒するかもしれません。

「すぐ慣れた、止まりやすそうで他の止まり木に見向きもしないでこればかり止まっている」などの口コミもあるので期待の持てそうな止まり木ですね。

スポンサード リンク



まとめ!オカメインコと爪切りの頻度について

以上、爪切りはどのくらいの頻度なのかについてご紹介しました。

まとめになりますが、オカメインコの爪切りは3ヶ月毎くらい。

なるべく切る間隔を開ける、あるいは全く切る必要がなくなるためには、ヤスリを止まり木に設置。ということですね。

ネイルマジックのような止まり木は、1年くらいも使っているとザラザラが減って効力が落ちてくるようなのでそうしたら新しいのに変え時ですね。

オカメインコに死にそうな顔をさせないために飼い主さんで工夫してあげましょう。

●爪切り自体を嫌がらない方法(タオルでの固定の仕方がポイント)

●切らなくて済む止まり木やサンドペーパー

●ヤスリでちょっとずつ研ぐ
爪切りよりも心理的抵抗がないかなと思います。尖った先が鈍くなれば取り敢えず引っかかりが改善するので何日かかけてちょっとずつ研いであげてもいいかもしれませんね。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする