葉牡丹の切り戻しと手入れ方法

今回は、葉牡丹の切り戻しや手入れの方法についてご紹介します。きれいな花みたいに葉っぱが八重咲きになるんですね。

でもどことなく、下の方には野菜感があるのが可愛くて趣があります。なんだかキャベツに似ていると思って調べたらやっぱりアブラナ科の植物のようですね。

色は、薄緑色や紫からピンクへと移り変わるグラデーションで、これまた他のパンジーとかにはない独特の美しさを楽しめます。

葉牡丹に手入れの切り戻しを

花を楽しみ終わったらご苦労さまでした、また時期が来たらよろしくお願いしますねと感謝いたしまして、剪定をしますとまた違った雰囲気を楽しめます。

そのようにすると、1ヶ月後くらいには脇芽が出てきます。曲がりくねって付くという構造になるので手入れの仕方により、葉牡丹がまるでサンゴではないですが、海底に生えていそうな個性的な植物感を楽しめます。エキサイティングです。

切り戻しすると、味があって面白くていいですよね。与える肥料は、窒素の多いのは控えてください。葉っぱばかり成長させて花や実がなりにくいです。なので、リン酸とカリウムが窒素と同じ割合で配合されているのを用いましょう。

苗の植え付けの時にあらかじめ元肥として混ぜておきます。10月以降は与えないように。小さい品種の場合は、液体タイプを僅かに与える程度です。

種まきして育てて植え付けたら、2週間は常に湿っているようにマメに手入れを行ってください。プランターなどに根付いたら、土の表面が乾いてからたっぷり行いましょう。切り戻しと、水やり。

プランターの葉牡丹の場合は表面が乾いたらしますが、地面に植えた場合は日照りでよほど乾燥しない限り水やりしなくて良いというのが基本ですね。

植え替えと虫について

一年草なので、手入れしても枯れてしまいますから植え替える必要がありません。あれ?切り戻しと矛盾が。かかる恐れのある病害虫については、やはりアブラナ科の植物なので、葉牡丹にはアオムシがつきやすいです。

チョウチョの幼虫ですね。アオムシは葉っぱを食い散らかしてしまいます。とても体が大きいためたくさん食べてしまいますからなくなってしまいます。

減ると光合成できなくなり株が弱ってしまい、枯らしてしまう原因になります。それからあとは、アブラムシも付きやすいです。

体は小さいですがたくさん群がって取り付き弱らせますので、見つけしたい薬剤散布などで駆除し手入れしましょう。基本になりますが、念の為葉牡丹の育て方を一から確認したいと思います。

まず土作りです。切り戻しも大切ですが、育てるのに使うアイテムというのは、弱酸性で腐葉と赤玉を3対7で混ぜたやつを使ってください。お花用の培養を用いてもいいですよ。

ペーハーについてはあまり気にしたことがなかったかもしれませんね。酸性が悪いと思われがちですが、弱酸性を好む植物はこれ以外にもあるようですね。

植え付けですが、株同士の間は、30センチくらいの間隔を開けてくださいね。地面になら、苗より大きめの穴を掘り返して植え付けます。

植え付け時期は、秋の10月くらいです。5度以下にはダメです。寒冷地と暖かい地域ではずれるかもしれません。手入れ方法についてご紹介しました。

切り戻しをするとまた違った感じで鑑賞できるんですね。大きなのも見応えがありますが、小さなのもあるんですね。葉牡丹とミニパンジーかビオラなど他のお花と寄せ植えにしてもいい感じに綺麗ですよ。

3、4月の早春に咲くのをお家の庭などで育てて楽しみましょう。他にもたくさんあって迷いますね。どんな雰囲気、景色のベランダにしたいでしょうか。

カラフルにしても賑やかだなー、と思いますしカラーを絞ってまとめてもおしゃれで良いですよね。ただの葉ネギとかイネとかみたいにシンプルなのもいいですよね。手入れ要らず、沼のほとりに生えていそうな。

カモを狙う猟師が隠れているみたいな雰囲気が漂っています。群青色の猫とネズミ(茶や灰)のアニメーションで見たことがあります。

カモが出てくるんですけど、すっごくヘコタレない、たくましさですよ野生の。何度も撃たれてその度にちょっと怪我をするのに、学習能力のなさとがむしゃらさと、巣に帰りたい本能がヒシヒシと伝わってくるんです。

とてもハラハラするのですが、まあ大丈夫だろうというのが分かっている展開のアニメーションなので、ワクワクしながら見ています。葉牡丹からずれていますが。野鳥が出てくるのは毎回面白いです。

余談ですけど、切り戻しにしたこれってキャベツの外側に似ています。どうせ育てるなら野菜の方が私はいいなあ。でも、プランターに飛んできて勝手に育った雑草が黄色い花を咲かせていて、はあ素敵だなーと思いました。

野草はなんか健気ですかね。手入れもいらないで、華やかさや優雅さ、リッチさはあんまりないけど。ベランダも園芸をしてよい眺めになったらいいですよね。

堂々とした木もあるといいな。背の高いのは、草と違ってやっぱりヒヨドリとかが寄ってきて風情あるなーと。葉っぱだけでは駄目で、椿の場合ですけどね。

昔住んでいた家にありました。白いのではなくて、赤いの。メジロとかが来ると、おおーって感動するんですよ。葉牡丹でなくユキヤナギも良かったなあ、枝垂れるのは綺麗ですよね。

切り戻しについて以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする