メダカの不思議!産卵しないのはどういうわけか

メダカは大好きなんですが、産卵しないですよね。家でぜひ増やしてみたいという時に上手く行かないことがありますがなぜなのか。

そういえば、昔家に何年も玄関のとこに陣取っていましたが、赤ちゃん魚は記憶にあるような無いような微妙なところですね。

水草にくっついていたのをお掃除の時に網で掬ったりしていたような気もしなくもないですけど。でも、当時は別に増やそうとか意識していなくてですね。

世話をするのもほとんど親だったのであんまり良く覚えていないです。ところで、ある意味養殖ですよね、自給自足できそうではないですか。ニワトリとかも簡単なのかな。

オスは日の出からコケコッコーうるさそうなので、メスのみですからヒヨコ自体は増やせなさそう。でもどちらも飼育できたらすごいなーと思いますけど。

メダカの勝手だけど産卵しない条件がある

そもそも子孫を残すかどうかなんて、このペットの自由なわけですよ。でも、普通生き物っていうのは自分の遺伝子を後世に伝えていこうとするものですよね。

オス無しで一匹で勝手にどんどん赤ちゃんを作っていくザリガニもいますし、そのような意志はメダカも強いと思います。

でも、もし適切な環境が揃っていないばかりに産卵しないのだとしたら?チャンスは窺っているのに「まだ冬だなー、食糧少ないから子育てできないな」とか思っていたら。これは飼い主の左右するところですよ。まずポカポカ陽気になってくると、日は早く昇って沈むのは遅くなりますね。

水槽は、さすがに梅雨明けにもなればヒーターなんか使わなくても春が来たなと分かる温度になるでしょう。でも、体内リズムは紫外線を浴びないとあれかもしれませんよね。

歌によると学校は川の中にあるらしいですが、やはり外の方が屋内より日当たりが強いでしょうよ。それに家の中ってカーテン開けても薄明るい程度の場所が多くて不足しているかもしれないですよね。だから産卵しないならライト使ったほうが良いのかもしれないですよ。

メダカにはLEDですか、それとか蛍光灯や白熱電球?爬虫類用のスパイラルは紫外線が出ますけど使って良いのかな。

確か、ソフトクリームみたいに渦を巻いているやつでアヒルのしっぽを思い出すかもしれません。そういえば、昔小さい頃牧場みたいなところへ旅行に行って、レースがあり、ピンクのスカーフを付けたのを追い立てて走った記憶があります。

でも、周りがみんな大人だといっつもすごく遅れてビリで一人浮いていて嫌だったです。焦りと不安はそんな幼児から感じていたんだっけ。関係ない話で愚痴っぽくてすみません。

今思えば普通に可愛らしい絵になっていたハズですけどね、白いアヒルの後方に付いて、ベビーピンクの旗を持った女の子は。なかなかまっすぐ進んでくれないんですよ、左右に寄り道しちゃって。

やはり背も低いし迫力がなかったんでしょう。話を戻して、日当たりはメダカに大切なんですね。産卵してくれないのはそのせいかも。ところで、水を桶とかに溜めておくと、風でさざ波が起きて晴れの時はキラキラ部屋の壁とかに反射して綺麗ですよね。

チイコという女の子の出てくる物語で、テニス部のキャプテンにボートに乗せてもらったシーンを思い出します。まるで星が降ってきたみたいとかいう表現だったかな、はしゃいでいました。

カエルが蓮っ葉の上から飛び移ってきて、こんな良いお天気の日には雲は空と。風は水とそれぞれ仲良くおしゃべりしているから、自分もこの生き物とお話できそうとかおかしなことを言っていました。

目で意志疎通し、笑い合いました。でも、お母さんが泳いできて人間は危ないからボートから背中に乗せて向こうへ連れて行ってしまいました。無邪気さが失われるのはなんでも同じだけど、チッチはずっと子どもでいてほしいなというセリフがありましたね。

水草について

湖にはメダカではないけど魚もいたかな。あれ、ところで何の話でしたっけ?

産卵する様子が無いんでしたよね。キンギョより結構スマートで薄い黄色っぽいのが暑い季節にはこっちの方が見ていたくなりませんか?

お祭りでも、あんな真っ赤なのよりも良いのに。ところで、小さいうちは、濃縮されて鮮やかですよね。大人になると引き伸ばされてオレンジっぽくなりますけど。

稚魚の方が体型もシュラリとして素敵、だんだんでっぷりしてきます。ボールみたいなのはむしろ形が整っていてかわいいですが、中途半端にお腹が出ているのは微妙ですね。ところで、産卵の気配がないという不具合はどこから来るかですけど。

鳥は自分で巣作りしますがメダカはそんなこともないですね。だから水草も重要かもしれないですよ。あと、あまり水流が強いと駄目かもしれません。

小川に生息しているわけですよね、飼育環境の狭いタンク内で発生するものよりは、そんなに急ではないんじゃないかと考えます。

さて、お伝えしてきましたが、あと一つの原因としては適齢期を過ぎている、お爺さんになっている。それから実は水槽内にオスしかいない。

ないとは言い切れない可能性ですよね。人間と違って顔の区別が付きにくいので分かりにくいですが、体型が大きめがメスかもしれません。ニワトリやセキセイインコみたいに、パートナー無しで単独でもというのが普通かと。

それは孵らないですけど産卵しないのはおかしい。以上メダカについて参考までに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする