[電子書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥(亡くなること)する9つの要因。300円(税込)

セキセイインコのくちばしが伸びて長い時は病気かも

セキセイインコは、自分で研ぐのでそんなに
くちばしは長い筈がないんです。でも、やはり子どもが歯磨きを嫌がるみたいに、忘れる場合もあるかもしれません。だからこそ、切ってあげることも必要になる時があります。その場合は爪切りで良いのですが、なにしろ怖がりなコンパニオンバードのことなのでそれなりにコツはいります。
セキセイインコを捕まえるとか、動かないように押さえるポイントを特に心得てほしいです。なぜなら、強く固定すると息が詰まって亡くなるおそれもあるからです。なるべく、安全のためには
くちばしの長いのを切る間バタバタ羽ばたいたり、暴れてほしくはありません。血管も通っていることですからね。しかし、同時にそのための固定によってポックリ天国へ行ってしまったら元も子もないではないですか。まだ、ちょっとくらい血が出る騒ぎを起こした方がましだったと思うでしょう。
セキセイインコの傷口なんて、唾でも付けておきなさいと人間の場合はよくいいますが、そうではなくて、小麦粉とか止血パウダーを飼い主さんの指に付けて強く傷を押さえるようにすると手当としては良いのです。お線香で一瞬焼いてしまうという方法も昔から伝えられてきたようですが。なぜ
必要以上に
くちばしが長いのかというと、病気も考えられます。でも、もしかしたらペレットだからシードよりも殻をむく必要がなくて伸びやすいとかいうのも
セキセイインコに考えられますね。あとは、かじる物が周りに無くて。割り箸でもいいので、何かストレス解消や暇つぶしになるアイテムをケージに入れておいてあげるようにすると嬉しいのではないかと。なんか、広告やら新聞も読み終わった要らないのがあれば、それを噛むのがお気に入りになる場合もあるようですよ。あと
くちばしが長いので考えられるのが疥癬です。虫が原因なので治療しないといけませんし、ビタミンCなど免疫力に欠かせない栄養素の不足が
セキセイインコにないかの確認と、ケージを熱湯で消毒するのが良いでしょう。何羽もいる場合は感染を防ぐためにまだ健康な個体を別の鳥籠に移しましょう。そして亡くなってしまうかもしれないので早く獣医さんのところへ受診させましょう。人間だったらハーブとかで駆虫しますが、アボカドとか野菜、観葉植物には
セキセイインコが食べると体調を崩したり場合によってはそのままポックリ命が途絶えてしまうかもしれません。なのでもし行ける距離にコンパニオンバードに詳しい獣医さんが居なかったとか、金欠で受診させられないなどの場合は、民間療法というか自分の判断で抗菌作用のあるハーブを与えるしかないかなと考えてみました。でも、ちゃんと何が毒になるのか調べてから。トウガラシやグレープシードエキスはいいかな。バラ科の種は
セキセイインコには駄目ですけど、ブドウは多分違いますよね。無難にというならトウガラシが良いかもしれません。なんか、辛さを感じるのはどの生き物にも共通かと思ったらそれは間違いで、鳥は普通の野菜みたいにモグモグ食べられちゃうんだって。でもあまりたくさんだと腸とかに炎症が起こりそうですよね。だから薬効のあるものは、
セキセイインコに他の野菜みたいな感覚で与えては体のバランスを崩すかもしれません。精油とかも抗菌作用があって駆虫に良さそうですけど、
セキセイインコに嗅がせるとヨタヨタして落鳥することもあります。帰らぬペットにならないように、使用量は気を付けないといけません。わずか1滴をティッシュやハンカチに落とし、
セキセイインコのケージ近くに置いておくみたいです。どこかで昔見た情報ですし専門家のサイトではなかったのでやはり参考程度にして、もし使うなら自己責任で用いましょう。私は見聞したことをまとめてご紹介しているだけなので、これを元になにか処方して
セキセイインコにもし異変が起きても何も責任は持てません。ところで、別に病気でも何でもなくて、ただ削るのをサボっただけなので
くちばしは長いことになってしまったのなら、飼い主さんでお手入れしてあげないといけません。切るなら血管まで届かないように爪切りを当ててチョキンじゃないや、パチンと。理想の短さにならなくても、血管はしばらくすればまた縮んできますからそうしたらまた少しくちばしを切ればまたそれに合わせて長いのが短くなってきます。不思議ですね。このへんが人間とは違う構造で、鳥ならではの爪に血管が通っているという珍しさ。ちなみに、なんでもかじって確かめるとか、鏡など好きなものにコンコンとキツツキみたいにつつくのはですね、
長い、くちばしはあるけど手が無いからというのももちろんですが、単なるカルシウムの塊で死んだ細胞ではなく、食感があるからなんだそうです。あら、誤変換しましたがつまり
セキセイインコは血管の存在により、ある程度神経が通っている?でも切っても痛みは無いですし、人間に例えれば髪でペシペシ何かを叩いても、よく伝わってきませんが、それよりは爪に近くて爪の先で何か叩くと長い、くちばしでコツコツするように、ある程度何か振動やらその素材感が分かるというのに似ていますね。チラシのちょっと柔らかい感じ、新聞紙の束は強度がある、シャキシャキ、ぷよぷよ、モチモチ、サクサク、フワフワなど身の回りのたくさんの。ところで、なぜか
セキセイインコはタオルが好きなのだといいます。あれ、オカメの方だったかな?あちらはやや体格の良い中型ですが、似ているので同じような趣味をしているでしょう。おそらく、フワフワに親近感を持っていて羽毛を思い出しているのかもしれません。ケージに下げておくと寄り添ったりじーっと見ているらしいですよ。
くちばしがもし、長いならという対策について以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする