セキセイインコが自分の肩に乗るのがなぜなのか

手乗りのセキセイインコだとすれば、
肩に乗るのは成長するにつれてだんだん、微妙に独立心や縄張り意識が成長してきたからではないでしょうか。どうやらですね、心理的には傍にくっついていたい気持ちはあっても、あまりカキカキはされたくないという感じになるみたいです。つまり、
セキセイインコも小さい可愛い鳥ですけど本来なら大人ですし場合によってはもう既に飼い主さんの年齢を超えておじいさんとかになっているかもしれないわけですからね。たったの5年くらいで亡くなってしまうのですよ。

セキセイインコがどんな理由で肩に乗るか

当然、成長するのも老化するのも速いのです。でも、その間にはちゃんと人間と同じく2度も反抗期というものもやってきて、早送りですが複雑な心の変化を経て大人になり、年寄りになっているのです。ですから、そのように飼い主さんとの距離感が違ってくるので無理はないです。あるいは、何か嫌われるようなことをしたので

肩に乗るのかもしれません。爪切り、くちばしをチョキンと短くされた、獣医さんで健康診断を受けさせられて捕獲されるのが嫌だった
セキセイインコなどですね。この生き物は寂しがり屋というか、集団で生きるように遺伝子にプログラムされているのに、家では飼い主さんとその家族あるいはもう何羽かくらいしかいないとなれば、たとえ嫌いになってもあまり波風立てずに関わっていくしかないですからね。もし他にご家族がいれば、そっちにばかりなつくようになってという行動から、「なんか気に障ることしたな」と分かるんですけど。一例では、大声で
セキセイインコの名前を呼ぶ癖が付いて、それに怯えて奥さんにばかり飛んでいくようになった。人間だとしても、子どもとして考えると親から迫力ある声で話しかけられて不愉快さを感じない人はあまりいませんよね。特に、自分では絶対にそんな話し方をしない内気で繊細なタイプだと、その神経がまず信じられません。
セキセイインコは、何倍も小さな体の生き物です。おそらく、耳も良いでしょう。私たちにとってなんでもないことに、過敏に影響を受けてしまいます。精油、アロマオイル、ニオイ、ガス、騒音など。

逃げるため

まあそれはいいとして、なぜ
肩に乗るのかですけど、まだ考えられる原因はあります。それは、
セキセイインコが捕獲されてケージに入れられたくないというのです。放鳥タイムをもっと楽しみたいという時などのもあるようで。普通はなるべく遠くに、あるいはカーテンレールの上やエアコンのところなど高い場所にとまります。でも、そっちの方が捕まえにくいからかもしれません。別に、逆の腕を使えば楽々ですが能力が半分に減る他に、飼い主の手を噛んで追い払おうとするという反撃に出る場合もあると聞きます。なので、単純に距離を離して逃げようとする
セキセイインコよりも、敢えて相手の懐に潜り込むような形で、捕まえにくくするという灯台もと暗しを考えたのは、かなり賢いか直感が冴えているのではないでしょうか。まあ、なかなか愛玩動物みたいには懐いてくれず、まだ野鳥としての意識が蘇りやすい生き物ではありますね。あとは、なんとなく飼い主さんにまだ慣れていなくて目を見るのが気まずい時、
肩に乗るといわれています。目を合わせるのは、威嚇や信頼の意味があるのでしょうか。
セキセイインコが黒い水玉に怖がることがあるのもカラスなどを連想するからであるかもしれません。そして、叱るときに見つめながらだと「親しみの証拠」と認識されてしまうので逆効果になってしまうといわれています。ですから、そんなに打ち解けていないという場合には、取り敢えず
肩に乗るのが無難かもという判断になっているのでしょう。なので、もっと仲良くなりたい場合には、毎日声をかけるとか、
セキセイインコの羽のポーズとかを真似するなど試みましょう。あとはですね、毛づくろいをしてくれる目的で
肩に乗るかもしれません。動物は、虫を落とすためにお互いくちばしでコショコショしてますね。人間の首の皮膚とかを同じように毛づくろいすることもあります。これは信頼関係や、好意的な意識の現れです。飼い主さんも、お返しに換羽期とかには
セキセイインコの筆毛を掻いてあげて取るのを手伝ってあげましょう。でも、生えてすぐのだとまだ根が深いのでポロポロっとはなりません。もう自然にパラッと落ちて良さそうなのを選んで、カキカキしてあげましょう。

金属に興味津々

あとは、ブローチとかネックレス、イヤリング、ピアスなどを狙っていて
肩に乗る。子どもの頃、お母さんの大切にしていたアクセサリーを友達に自慢していたということ、ありませんか?源家は真珠の、野比くんはプラチナの指輪をそれぞれ壊したり紛失したりして、猫の形をしたロボットのお世話になっていましたが。
セキセイインコはキラキラのアイテムが大好きで、それは南国の派手なほっぺのチークパッチが輝いているからだという説もあります。だってカラスなんかは反射とか苦手そうですもんね。チークパッチがキラキラしていないと、まったく鳥からは不人気になり相手にされなくなってしまうのだとか。面白いですよね。紫外線も見えているので特にほっぺは目立つのかもしれません。というわけで、
肩に乗る原因について以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする