[電子書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥(亡くなること)する9つの要因。300円(税込)

文鳥が吐くのはどうしてか原因4つ

文鳥が胃液を
吐くというのは、白いならカルシウムですし、他にディスプレイ行動とか胃腸が悪いというのも考えられます。その中でも、具体的には3つほどあって、食あたり、寄生虫とか。カビも原因です。あと便秘になった時もそうなるかも。これで4つです。カルシウム過多と、メスへのプレゼントと、感染症、排便の滞り。それぞれ詳しく解説します。

文鳥が何か
吐く時は

もしケージの底のフンがいつもより極端に少ないなら、早いとこ、マグネシウムを少々と水を飲ませて下剤みたいにして出してしまった方がいいかもしれません。便秘とは無縁そうなしょっちゅうポトポト、フンを落としていそうですが卵を温める季節とかは、ちょっと手が放せないので溜め込むこともあり、一度に塊を出すこともあります。
吐くのは、胃が腸にたくさん蓄積した老廃物に押されてしまうからです。つまり、おもちを食べて詰まらせてしまった場合には、
文鳥とはちょっと関係ないですけど。誰かに後ろから抱え込むようにしてもらって、その人が拳を反対の手で握り込んで、お腹を斜め上へ押し上げるようにしたらグエッとなってカパッとおもちが出てくるのだとかいわれていますね。これは内臓を傷つけるのでやめた方がいいとかいう意見もありますが、また息ができるようになるなら多少の腹痛くらいは我慢できそうですから大いにやった方が良い気がします。まあ一人暮らしでは家族がいなくてすぐにやってはもらえませんから自分でお腹をグーで突き上げるか、予防としてせいぜい1口を少なくよく噛むように気を付ける、最初から詰まりやすい物は食べないことですね。
文鳥と全く関係ないですけどどら焼きの好きなロボットと、比較的のんびりした男の子が、昔のマンガでおもち大好きと言っていて1つのお皿の上のをパクパクと食べて9個だったものだから4と5で最後の1つをどっちが食べるかというので喧嘩をしていました。だったら自分たちで思う存分作ろう!ということで、農業セットを出して、部屋の中でお米から作っていましたね。でも機械がポンポン出すのが合計138と139という計算になるのが分かり、「ボクが139だ!」のお互い主張し結局、喧嘩していました。

プレゼントで

餌を与えるのは
文鳥でも同じです。養う能力のアピールでしょうか。粒のままくれればいいのにわざわざ消化してくださったものを
吐くのは、実はあんまり嬉しくないですけど、まあお決まりになっているのでしょう。ハムスターとかも、自分のフンを非常食として扱うくらいですから動物は人間よりそこらへん大ざっぱで許容できるのです。人間より自然な加工されていないものを食べていますから添加物とかもないですし、より植物に近いフンが出るのでしょう。そしてあとは、感染症で
吐くということでしたね。原虫、菌。普段は別にこいつらがいても問題なく過ごせているのです。しかし、ストレスや
文鳥が栄養失調、普通カロリーが不足する心配はあまりなく、ビタミンとかミネラル的な。などで、免疫力が下がると体にとって悪いやつが蔓延り始めるんですね。保温も大切で暖かい方がやはり免疫力が活性化します。でももう既にある程度、感染が悪化していて症状が
吐くという形で現れ出てきているということは、まあつまり早いとこ獣医さんに検査してもらって駆虫剤で治療しないと
文鳥が弱ってしまい餌もあんまりきちんと消化できません。ですからやせ細ってそのまま衰弱し、亡くなってしまわないように早く動物の病院に運んでいきましょう。寒ければ電気の要らない湯たんぽなどで温めながら。暑いなら水を凍らせたペットボトルなどで冷ましてね。ストレスになりますが
文鳥の具合が悪くなったら仕方ないですよ。カルシウムのかじるやつみたいなのがあります。なぜかミネラルは過剰によって
吐く作用のある物が多いですね。金属を間違って飲み込んで中毒になる時に同じように。他には痙攣とかもですが。
文鳥は、ポトスとか身近な花などうっかりかじると亡くなることもあるかもしれません。なので閉まっておくように気を付けましょう。それか別の部屋に置いておくと事故を防げます。なるべく、家具がなくて飛んでもぶつかる心配のない場所、ネズミの出ない部屋を選びましょう。もしタンスの裏とかにいつの間にか穴があって、
文鳥がちょこまかと移動している時に運悪く、出くわし餌食になり亡くなってしまわないように。セキセイインコだったか、ハムスターでそういう事例があるのです。恐ろしいですよね。安全だと思っていた空間に突然天敵が出現するとは。野生の世界では、同じくらいの大きさなら威嚇したりくちばしで攻撃したりして追い払うこともあるでしょう。というか、反射神経が鍛えられていて素早く飛び立つのではないでしょうか。しかし飼育されて暮らしているとやはり敵に対応する力が鈍くなってしまうのでしょう。まさかネズミが出るとは流石に人間側も予想が付きませんからね。さて、というわけでそろそろこの記事でご紹介してきた内容についてまとめに入りたいと思います。
カトルボーンをたくさんかじることがあるかもしれません。退屈だとついね。カルシウムはたくさん食べ過ぎると
吐く原因になります。ボレー粉で補給させ、割り箸とかを噛むのに与えてみてはいかがでしょう。セキセイインコはお気に入りみたいですよ。あと、メスへのアピール行動や胃腸の炎症、便秘などでした。以上、対策の参考になさってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする