セキセイインコの口がカチカチ鳴っているのは2つの原因がある

セキセイインコはどんな時に口をカチカチするか。それは2種類あるといわれています。

一つは、気分が良いときに。例えば放鳥で思い切り飛んだり何かして遊べるという場面や粟が丸ごと細長いままケージに下げてもらったとか。

これを食べるのは、自然に生えている穀物を餌にしている野鳥らしさを味わえますね。つまり、楽しいのです。そしてもう一つは、怒っている。

これは、飼い主側が悪いことも考えられます。それぞれの原因をもっと詳しくご紹介します。

スポンサード リンク



セキセイインコは不機嫌な時も口をカチカチ

怒るのはどんな時か、そしてどんな行動をするかというのをご存じでしょうか。人間なら、イライラと足のつま先を上げたり下げたりするかもしれませんし、ちょっと古いかもしれませんが、小指から順番にソファミレという感じで繰り返し机をコツコツと叩くかもしれません。

そして不機嫌になるのは、誰かの返信や遅いスマートフォンの動作、ネットで買い物した製品の到着など何かしらに待たされている時や、嫌いな仕事、人間に関わっている。

それか期待していた成果が得られないとか。では、
セキセイインコではどうかというと、自立していませんから、飼い主の対応によって振り回されることが多いでしょう。

口をカチカチするのは、反抗期、換羽の時、卵を温めたり子育てしている、部屋つまり鳥かごに侵入された、鏡などを取り上げられた、放置されているなどが考えられます。たくさんあるんですね。

では、それぞれについてもっと詳しく確認していきましょう。反抗的になるというのは、幼鳥の時に一次、思春期に二回目。

このあたりは、飼い主の立場が変わるというか、ふやかした餌をもらわなければ自力で生きることもできない「親代わり」から、友達、兄弟、仲間、パートナー、嫌われれば単なる世話係というように、
鳥により個体差がありますが認識も変わってくることでしょう。

また、心に寄り添うコンパニオンバードは、自分も人間であるつもりになってしまうけど実は違う生き物なんだということで悩むというのを聞きました。そんなこともあるんですね。

でも、確かに見たものというのは自己のイメージになるというか、例えば着るもの、部屋の雰囲気などはそのまま心に影響を与えますよね。

ですから、
セキセイインコは隣にもう1羽いない限り、あるいは鏡を与えられていないと、日常的に見ている飼い主を自分のイメージにしてしまうのかもしれません。

まあとにかく、小さくて寿命見5年とかそこら辺の短い生涯なのにも関わらず、結構複雑な心を持っていて、それが原因で反抗期が訪れてしまうのですね。

飼われている環境や愛情面での不満とか、オスは特に本来野鳥がそうしているように自立したい、子育てしたいなど欲求があったとしたら、たった1羽で飼われているというのは、あまり喜ばしくないことかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

beauty in the nature オーストラリア鳥図鑑 [ 岡本勇太 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)

外国の自然で生きている姿が分かる。

反抗期の対策

ドイツでは医療が進んでいるみたいなイメージが個人的にあるのですが、ペットに関しても日本より決まりがあって単体で飼育してはならないというんですね。

つまり、群れる性質のある小さな鳥は、寂しくないように複数で過ごさせましょうということみたいです。ですからそれを見習ってですね、何羽か一緒の方が心が安定しやすいかなと思います。

あと、換羽の時は痒いとか、肝臓が忙しくなるので怒りやすくなります。
口をカチカチ言わせるのは、そのせいかもしれません。

対策は、鳥向けに販売しているような栄養剤を飲ませてあげましょう。
セキセイインコは、カラスなどもそうですが卵を温めているとか、子育てしている時期にも神経質になります。

守らなければならない存在がいるというのは、たとえよく懐いている飼い主に対してでも警戒してしまいます。それから、普段は縄張りの侵害にも気を付けなければなりません。

どうしてもコンパニオンバード相手だと尊重するというより一方的に可愛がる感じかもしれませんが、勝手にケージの中に手を突っ込んで撫でたり、動物病院行きとか爪切り、あるいは体重測定などやむを得ない用があったのだとしても、一応鳥かごは
ペットにとっては個室でありちょっとした縄張りでもあります。

ですから、
セキセイインコを例えるなら思春期の子供部屋に入って日記なんか勝手に読むと怒られるように、気に入らないと言わんばかりに
口をカチカチさせるかもしれませんから気を付けてください。

あとは、鏡などを取り上げられたということも。お気に入りの噛む割り箸とかぬいぐるみ、タオルなどのアイテムが少なからずあることと思いますがそれらを没収してしまうと大変機嫌を損ねてしまうでしょう。

自分が与えるからといって、一度愛着の湧いたものは勝手にどこかへやってしまうとトラブルの元です。反撃で噛むかもしれません。

口をカチカチ鳴らすに留まっているというのは、まだ消極的な怒りの表し方ですよね。あと考えられるのは、放置されているということです。
セキセイインコは寂しがり屋でもあるので、飼い主にあまり構ってもらえないとかスマホや読書、テレビなど何かしながら適当に放鳥していると思わぬアクシデントの元にもなります。

観葉植物とか金属、繊維質なものなどをうっかりかじってしまうと中毒によって亡くなるかもしれませんから注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする