[書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥する(亡くなる)9つの要因。300円(税込)

文鳥が餌を食べない原因6つ

文鳥にも、食欲がなくて
餌を食べないということがありますね。そんな時どうしたら良いかですが、場合によっては動物の病院でパウダーフードを溶かしたやつを胃に流し込んでもらわなければならないかもしれません。

シリンジなどで、ふやかしたのを与えていた赤ちゃんの頃のようにです。しかし、保温とかビタミンなど自宅でも行える手当てがありますから、それらについてご紹介しますので参考にどうぞ。

スポンサード リンク



文鳥は寒いと餌を食べない

冬は胃腸の働きが低下するので、保温を心掛けましょう。暖かいとミトコンドリアとか善玉菌などが活性化するみたいな気がしますよね。

ですから、春や秋のちょうど良い気温の季節は、消化の時間が短くてお腹が結構すぐに空きやすいです。だから、スポーツとか読書、食欲など全般的に活発になるのです。

夏になるとウキウキしたりロマンチックになるのも、腸内細菌など微生物の働きかもしれません。反対に冬や梅雨なんかは、寒くてどんよりした空の日が多くて鬱々としますね。

冷蔵庫に保管するのはそれを抑制するためです。凍らせるとほとんどは休眠状態になりますが、常温でまた復活してきます。

それから、家に連れ帰って間もなくの
文鳥は、怖いためにそれどころではないでしょう。環境にも慣れないしペットショップの兄弟たちもいなくて不安ですよね。
餌を食べないというのも分かる気がします。

スポンサード リンク



なるべく安心してもらえるようにあまりたくさん話しかけたりせず、手に乗るようにしつけようとしたりせず、ずっと観察するのも控えて穏やかに過ごしましょう。

掃除機や、ビニールをバサバサさせる音、大きな声も聞かせない方が無難です。あとは、病気かもしれませんよね。胃腸が悪いとか。良くあるのが原虫などによる炎症。吐いたり体重が減ることもあるかもしれません。

餌を食べないというのも、胃がムカムカするからではないでしょうか。お腹が、膨らんでなぜかいっぱい。それは、メダカとか魚にも
文鳥のみならず起こることで、腹水が溜まってしまうんです。

とはいっても、そんなに恐れることはなく、傷口に染み出る液みたいに、患部を治療させようとしているのです。虫によって炎症のある部分を。しかし駆除できればたちまち改善するでしょう。

つまり、場合によっては
文鳥は動物病院のお世話にならなければいけないかもしれません。

ということで、保温しても食欲がないなら具合が悪いのかも。早めに診察させましょう。エキゾチックアニマルに詳しいところを検索して調べてください。

スポンサード リンク



気分の問題

心の病気でも、そのようになるかもしれません。
退屈、コンパニオンバードのパートナーがいなくて一羽で飼われている寂しさとか。

あと
老衰では、
餌を食べないのも自然です。人間のお年寄りはどうしてもお肉とかあまり胃に入らなくなってくるとか聞きますし。コンパニオンバードの
文鳥は穀物や野菜ばっかりなので関係ないかもしれませんが。

しかしくちばしで精製するのが面倒くさいと感じるようになると、口に運ぶ量が減るでしょうね。ですからその対策には殻を取り除いてあるのを購入するとか。それか、ふやかしておくといいかもしれません。

水にしばらくの間浸けてね。喉が渇いてもそれに気が付きにくくなるのもおじいさん、お婆ちゃんの特徴ですから補給もできるので一石二鳥ですね。

あと人間だったらダイエットとか、そういう健康管理や体型維持の目的によっても食事の量を減らすことがありますけどね。最近でも、インコとかはご紹介してきた6つくらいです。

怖い、寒さ、夏バテ、胃炎、気分、加齢。ということで以上ですが、参考にしてください。ところで、
餌を食べないのでエネルギー不足で危ないと判断したら、取り敢えずポカリとかを飲ませると良いという意見もあります。
文鳥の点滴の代わりになりますからね。

スポンサード リンク



でも、ブドウ糖はあまりたくさん与え過ぎるとガン細胞やカビ菌などが喜んで増殖してしまう原因になるといわれています。炭水化物より吸収されるのが早くて血糖値が急に上がりやすいから、体にもあまり良くはないですよね。

なので、赤ちゃんの頃に使っていた餌をふやかしてシリンジ、つまり注射器で与える方がおすすめかもしれません。ただ、こちらにも難しいというデメリットがあってですね。気管に間違えて入るとむせます。

舌が細いので、チューブの中にはまり込んだまま飼い主が気づかないで胃まで押し込むと、大変ですね。ですから必ず舌の上をチューブが押さえている状態で。巻き込まないように気を付けなければいけませんよね。

老衰の時期にも役立ってくる必要なことかもしれませんので、できれば専門のバード医院で診てもらうついでにコツを習っておくと安心でしょう。というわけで追記が長くなりましたが最後までお読みいただいてありがとうございました。

餌を食べないというのは生きるための必要なエネルギーが得られないので早く改善して健康になり、また活気溢れるようになったら嬉しいですね。
文鳥についてでした。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする