[書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥する(亡くなる)9つの要因。300円(税込)

セキセイインコにキャベツは少し害がある、他に食べない方が良いもの

セキセイインコは、動画で食べていたりしますね。だから絶対に急に倒れるとかの害が
キャベツにあるわけではないです。アボカドはとても鳥にとっては危険ですけど。しかしアブラナ科のこちらは長期間、毎日のように与え続けると体に支障を来すレベルの毒のようです。どうやら、甲状腺の働きを弱めるとか。

つまり、代謝が鈍るというわけですね。大豆などの穀物も酵素を抑制する成分があるので、低体温とか認知症の原因になってしまうと指摘している人もいました。

コンパニオンバードにとってはイソフラボンがメスのホルモンを増やすので、産卵しすぎたりする原因になるかもしれません。

その他にも、ありますよね。アボカドは、さっきすごく危険度の高い野菜であることをご紹介しました。しかし、まだあるのですからうっかり食べさせてパッタリ亡くしてしまわないように気を付けましょう。

人参やりんご、柿など一部分を除けば食べても良いものがあります。種は駄目とか葉に近い方は避けて与える。それは後ほど詳しくご紹介します。

ところで、暑くなってくるとスタミナ野菜であるネバネバ食材が美味しくなる季節ですね。モロヘイヤやツルムラサキなどは好きです。

キャベツとは違い、葉からあんな妙な成分が出てくるなんて意外で面白いですね。海草はみんなそんな具合ですけど。でも、人間には良い野菜なのに与えない方がいいといわれています。何故かというと、その粘り気が
セキセイインコに駄目なんだとか。うまく消化できないのかもしれませんね。それか、ミネラル不足になって貧血気味になるのではないでしようか。

ジャム作りに使われるペクチンという成分も重金属排出に用いることがあるみたいです。水溶性食物繊維というのは粘りの無いデキストリンとかいう名前のは、むしろミネラルの、レバーに多い鉄分や貝のカキで知られる亜鉛など吸収を高める働きがあるとか。

でも、逆に昆布のアルギン酸とか、りんごに多いペクチンなど、そのようなネバネバの成分はミネラルを排泄する作用があります。なので気を付けた方がいいのかもしれないですね。

整腸の目的で、納豆を食べさせている人もいるみたいなのですごく害があるというわけではないでしょうけど。ニオイはすごく嫌いみたいですから同じ部屋で朝ご飯に食べると気の毒です。

ところで、なぜ整腸が必要かというとカビに感染したとかで抗生物質を飲むと善玉菌も減りますから。水道水の塩素とかでも。

しかしペレットではなくて普段の餌がシードなら、お米や雑穀には良い微生物がたくさんいますから自然と腸内に増えていくでしょう。

とぎ汁に塩などを入れて培養する方法もあるみたいですし、やはり存在するのです。話を戻しまして、
キャベツ以外に野菜で与えない方が良いものでしたね。あとはジャガイモを加熱せずにあげるというのも、駄目。しかし蒸したり茹でたりしてアルファでんぷんにしてしまうと
セキセイインコにとってブドウ糖が過剰になってしまうので、腫瘍とか糖尿病、カビ菌を増やしてしまいます。

ですから、火を使わない穀物を与える必要があります。消化の力が衰えていて餌を食べないような時には点滴で直接的に血糖値を高めることもありますけどね。

それから他の野菜ですが、人参は下の尖っている方のみを与えてもいいといわれています。硝酸塩が上には多いので避けましょう。

たしか顔が真っ青になる貧血をもたらしたとか、いわれている成分なんですよね。まだまだあります。果物はバラ科の種は避け、柿の皮や梨は消化が悪いので鳥は食べては駄目。

ほうれん草はアクが多い、ニンニクなどの薬味。ローズマリーは成分が強いので。キノコやゴボウも与えられません。おそらくは食物繊維がすごく多いからです。あと、葉の野菜でも、
キャベツの他、青汁に使われるのは駄目なんですって。トマトも意外に与えてはいけないですから気を付けましょう。以上ですが
セキセイインコの参考になれば。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする