ほうれん草のうどんこ病は6つの対策で乗り切ろう

アクや栄養が多いほうれん草という野菜。
うどんこ病になるのは、トマトなどに比べてどうやら少ないみたいですね。いえ、栽培する人自体があまりいない方なのでしょうか。

まあそれは良いとして、対策も方法はたくさんあります。それらについてご紹介しますのでしっかり勉強して予防と改善に役立てていきましょう。まずは水やりしすぎないように気を付けてください。

これは治療というより、
ほうれん草がまだ健康でうどんこ病になっていない時から心掛けたいことですね。なぜなら根が腐って枯れるかもしれない以外にも、ジメジメして菌が増えやすいというのがあります。

なので他にも、例えば植物の基本ですが剪定や摘心の後にしばらく雨が降らない日を選ぶとか、ハサミや手はしっかり消毒するように注意してくださいね。

ほうれん草のうどんこ病予防

水やりは、一度にプランターの下から流れ出るまで与えるのが基本です。少なくしても土の老廃物が流れませんね。溶け込んでいる酸素を、根に供給するのにも良さそうです。

なので多くなりすぎないようにというのは、量ではなく頻度を減らすのです。ところで、まず白い葉を発見したら、
うどんこ病のは除去してゴミ袋の中へ。地面にそのまま落としていかないように注意してくださいね。それから、株の間隔は充分開ける。

なぜなら蒸さないために。風が強い日は洗濯物が早く乾いてくれて嫌なニオイもしませんね。そういうことです。風通しの問題です。原因は、
うどんこ病の場合、菌ですから。

必要なら間引きましょう。本当は種を地面に植える段階でしっかり間隔を確保しておく方が良いですね。せっかく育っていた
ほうれん草を引っこ抜くことはもったいないですから。

そして農薬を使う時、気を付けましょう。自分と、庭や畑に通りかかった人々に振り掛けないように。敷き藁も良いでしょう。雨による不衛生さを防ぎます。

動物のお医者さんというか博士が主役のお話がありますよね。アフリカの猿の群れが疫病に掛かって、診察しに旅に出たという物語がありますけど、治療して帰る時に、ハエが止まった果物は食べないことや、雨の日は地面に座らないなど衛生面での指導をしていました。

うどんこ病のきっかけになるかもしれないアブラムシは葉とかの汁を、おそらくセミのような感じで吸い取るのです。ということは、窒素が多いと虫が付きやすくなってしまうでしょう。

どうやら葉を甘やかしてしまうみたいですね。色がやたら濃いグリーンになっているのが特徴とか聞きます。柔らかく美味しくなるからでしょうか、それか免疫力が逆に弱るとかでとにかく
うどんこ病の要因となるアブラムシなどが付きやすくなります。

なので注意してくださいね。肥料焼けの原因にもなってしまうのは園芸の基本ですが、ご存知ない人もいるかもしれません。ところで、どんな虫にも天敵はいますよね。

モンシロチョウとかを捕まえるカマキリは蜂に倒れたり、夏の王者、カブトムシもカラスなどに食べられるようです。最近は人間もセミとかを調理しているみたいですけどね。

ところで
ほうれん草など野菜に付くアブラムシは、四つ葉のクローバーとセットで描かれることが多い、赤くて黒い水玉が7つ付いているあの人気の虫が餌にしているので、それらを活用して農薬を減らせれば自然で良いかもしれませんね。

確か、マガモとかアヒルのような水掻きのある鳥を田んぼに放し飼いにして、作物に悪さをする虫を食べてもらったり、フンを肥料にしたりしてお米作りを楽にしている農業もありますよね。

自分や消費者の体にとって健康的な良いアイデアではありませんか。でも、どこかに飛んでいってしまわないものなんでしょうかね、そのへんどうなんだろうと気になります。

うどんこ病におすすめの農薬をほうれん草へ

とても良い製品がありますので、ご紹介します。でんぷんや油を使った農薬です。どちらもべたついていることが似ている点ですね。オレンジや糖質入りのジュースとかをこぼしてテーブルなど拭き取らない場合、乾き気味になるとしつこい汚れになります。

油も、換気扇にくっついたら落とすのに苦労しますよね。拭き取っても微妙に引き伸ばされるので逆にジュースの糖分などが広がるばかりです。絵を描くアプリケーションのブラシに、指先というのがありますがまさにあんな感じです。

農薬は花壇セーフとかいう名前だったと記憶しています。体に害が少ないので、
ほうれん草など野菜をもうすぐ収穫する時まで使えそうですね。

園芸にはお酢とか活用する場合もありますが、そんな感じの自然の成分なんでしょうか。以上、ご紹介しましたが、
うどんこ病を撃退する参考になさってください。普通のお店では分かりませんけど、ネットショップでは確実に販売していますよ。

検索していたら見つけた農薬なのですからね。
ほうれん草以外にもトマトやキュウリ、スイカ、白菜、大根、キャベツなどの
うどんこ病予防に気兼ねなくどんどん使えそうです。

そのような、環境や人の健康にも良い便利な発明が進んでいるような気がします。重曹やクエン酸に注目が集まっていたり、まあ一部の人でしょうけど。猫のロボットが出てくるマンガを読んで知ったのですが、環境汚染や砂漠化が問題になっているとか。

お話のような、ねじ巻きシティーやアニマル惑星みたいなのが羨ましくてなりません。
ほうれん草とちょっと関係ない話題ですが。

特に動物しかいなくて、人間のように進化しているところでは、水や空気などから炭水化物やタンパク質のみならず野菜らしきものすら合成していて、無人のタクシーは地面から浮いていて非常に静かに走ります。

そしてどうやら地磁気を利用しているようです。羨ましいですよね。
うどんこ病に悩まされる心配もなければ、ほうれん草とかのために畑を耕す必要もないんですよ。

キレイな空気から作ったので農薬ももちろん使っていなくて、おそらくとても体に良いと予想できます。しかし
ほうれん草のような歯触りとか風味、新鮮さはやはり野菜だからこそ得られる美味しさではないでしょうか。

あと、猫のロボットがいつもの小学生4人を連れて避暑地にハイキングをしに行った時。そこは、なんと深海でしたが。便利な道具がありまして、ライトを浴びせると24時間、どんな水圧にも、気温や暗さ、空気が違う宇宙空間だったとしても適応できるというのです。

なぜそんな場所へ行くことにしたのかといいますと、意見が分かれて海水浴が良いとか、そんなの嫌だ、ハイキングに決まってると喧嘩になったからです。

それならどちらも叶えてしまおうということになったのですね。昼食はプランクトンからどら焼きや、カツ丼、パンケーキなどを合成していました。

ここでもか、
うどんこ病知らずで羨ましい!お子さまランチのリンゴとかもですからね。すごい技術ではありませんか。ほうれん草など野菜やお米などたくさん生産できてしかも食材でなくて調理済み。

晩ご飯はピーマンやネギ、牛肉を串に刺して道具を使い、水中で焚き火をしていました。大柄な少年は、あっという間にみんなの何倍も食べ終わって満足したのか、とても音痴で迷惑な歌を熱唱しようとしていて、感づいた他の子供にもっと串焼きを勧められたり、海洋にまつわる怪異の話を始められてしまったので、うやむやになってしまいました。

付き合いが長いと、扱い方が分かるものですね。その少年というのは、腰巾着でお世辞やごますりの上手いあの子です。

それにしても
うどんこ病とは全く関係ない話でしたが。ピーマンとか玉ねぎまで合成してしまえるとは、架空の物語とはいえすごいですね。

そんな道具があれば、
ほうれん草の生産も簡単ですぐに収穫できて良いですよね。

芽が出て何ヶ月か待たないと駄目な野菜も多くて、木に実っているグレープフルーツやオレンジ、桃、栗、柿などの果物なんて3年くらいもかかりますよ。マンガは夢があって良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする