[電子書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥(亡くなること)する9つの要因。300円(税込)

パセリのうどんこ病に複数の対策

パセリは、気軽に育てられる野菜。
うどんこ病になると葉が変になります。ここで対策など確認していってください。このハーブは、ジャガイモとかスープにちょっと使うことが多いですよね。

やはり黄色とかトマトの赤にグリーンがあると、見た感じが鮮やかになりますし、香りも良くて美味しくなるので重宝している人は多いことでしょう。

さて、予防するためには
パセリに対してたくさんの方法があります。しかしまずは病気になってしまった葉を摘み取ってゴミ袋に詰めるということが大切です。

伝染すると野菜に被害がどんどん広がって
うどんこ病になりそうですからね。焚き火をするのが法的に駄目な今は、ゴミに出すしかありません。

焼くとウイルスなんかもタンパク質ですから変質してしまうので、無害化されるんです。でも本来なら雑草は、じめんに実は肥料になるんですよ。

でも、悪い菌が増えるといけないので捨てて始末するのがこの場合は正しい対処なのです。

パセリに対する6つのうどんこ病予防

湿気を取り払う。具体的には散水の多さや葉が混むことによる蒸れ。菌をなるべく寄せ付けない。泥が跳ねる雨や土埃の舞う風の強い日は敷き藁など茎を切らない。免疫力を高めておく。

人間はビタミンCとか乳酸菌、ミネラルなどで体のウイルスに対抗する力が、強まりますね。除菌ハーブやネギ、生姜などは風邪予防に効果が感じられることでしょう。

だから、精油でも樹木系のユーカリとかはそのような作用が強いですから、そのようなヒノキやオオバコなどのエキスを使ったり鉄分の活力アイテムがあります。植物の免疫を高めるという製品なので使って損はないでしょう。あと、アブラムシ対策です。

うどんこ病におすすめの農薬をパセリに

そもそも除菌剤を撒かないといけませんでしたね。でも、自分で食べる野菜はなるべく体に良く育てたいです。ですから使用を躊躇うところですが、でんぷんから構成されている製品はおすすめなんです。

どういったメカニズムで退治するのかは知りませんが。ネットショップで探してみてください。というわけで
うどんこ病についてご紹介してきましたが。あとちょっと無駄話をします。

他にハーブとか香辛料でおすすめなのがバジルです。
パセリは、たしかモッサリしていてそのままで食べるのは気分が落ち込む美味しくない付け合わせ野菜ですよね。焼くとか火を通すと食感や香りが良いみたいですけど。

まあ、ピーマンや魚でも基本そうです。加熱すると食べやすくなります。蒸したり茹でてしまうより、炒めものとか焼くというのはより香ばしくなるのが猫にもウケて、捕まえた虫とかワクワクしながら金網に乗せているらしき飼い主の報告をネットで拾ったこともあります。

さて、バジルはたしか生育旺盛でちょっと嫌なニオイがするんでしたっけ。普通の薄い葉です。イタリアらしさが漂っていますよね。あとローズマリーとかもおすすめなんです。

カレー風味がお気に入りの人はインドのスパイス育ててみては?やはり、自分の消費するものが他人に頼らず作成できる安心感と自立の喜びというのは大きいことです。ガラムマサラでしたっけ。

しかし単体ではなく、コショウや唐辛子、ターメリックなどの複合なんですよね。割と身近で洋風なスパイスが主成分なのは意外でした。目玉焼きとかスープにも普通に使いますよね。

鷹の爪なんて昔から日本でも使われていましたし。私はコンニャクのピリ辛が好きです。でもそれになにやら黄色っぽいスパイスが関わると異国風味になるのが不思議です。

昔からインド人は種を煎って殻をむいて、石で砕いて調味料にしていたと効きます。ちょっと面倒くさい手間に思えるのですが、いちいち食事の時間ごとにそのように作っていたそうです。

ハーブもスパイスも上手く使うと良いですね。以上でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする