レタスがうどんこ病になったら2つの対策を試みたい

レタスは、香りが良くて好きな野菜です。
うどんこ病になったらどんな手当をすればいいのでしょうか。

まだ、そんなに急かなくても枯れたりするような疾患ではないと考えますが、水虫のように広がっていきますから早めに白くなった部分は捨て去りましょう。取り敢えずこれが一番目に行いたい対策です。その他についても確認していきましょう。

レタスがうどんこ病でピンチ

農薬を撒布するというのは基本です。ですから頑張ってマスクをして防護服を着てスプレーするしかありません。でも、そんな専門業者のするようなオーバーな出で立ちではなくて、もっと手軽に済んだら良いと思いませんか。

でも、人間にも少なからず負担になる成分が使われているので、もしそのような普通にありふれた農薬を
レタスに使うというのならきちんと作業用のマスクとか手袋を付けた方がいいですよ。

洗濯物は他のと混ぜずに単独で洗うなど気を付けましょう。
うどんこ病に掛かった部分のみではなく、予防もかねて庭の一帯に撒いておくといいかもしれません。

しかし、おすすめしたいのが、植物の成分から作られた農薬です。野菜やサツマイモ、お米、アーモンド、大豆、柿などを見ていてどんな栄養で成り立っていると考えますか。

すぐに思い付くのが炭水化物とタンパク質、脂肪分ですよね。具体的には果糖、でんぷん、いくつものアミノ酸、オメガ3オイルだのリノール酸など分かれますが。そして最近は食物繊維も重要な栄養素として認められています。ビタミンやミネラルも欠かせないですね。

うどんこ病になったら、あとアブラ虫とかでもおすすめしたいのが炭水化物や脂肪から作られた農薬です。製品名はカダンセーフといいます。
レタスにも人間に対しても成分が非常に安心なので是非使ってみてはいかがですか。

マスクとか購入する必要ないんですから、費用が浮きますよね。さて、
うどんこ病はやはり水やりとかが間違っていると掛かりやすいようですから気を付けた方がいいですよ。適当に育てているとやはりそれなりです。というのは冗談で、大豆なんかは割と湿りっぱなしでも収穫できましたが。

コツを心得れば防げる

やはり菌が原因となって現れる症状なので人間で言えばニキビみたいなものですかね。足の裏がガサガサして白く、痒ければ水虫かもしれません。

見た目も
うどんこ病に似ています。梅雨や夏の高温多湿になると起こりやすくなります。大きな地震は冬にしかないといわれていますが、それと逆ですね。

季節によるものは、あと花粉症とか風邪、ウイルス、落雷、積雪などがありますね。春と秋はくしゃみ、鼻水、目のかゆさ。冬は乾燥で菌が飛ぶので高熱で倒れたり。

四季がある国は大変ですね。私は砂漠地帯のある湿度の低い地域での暮らしが気になるというかちょっと憧れます。それで、
レタスには土が表面を見た時に乾いた感じになっていれば与えますが、まだ暗い茶色で湿っているようなら水やりは行いません。

どの野菜でも基本的にそのように育てるのが正しいのです。ただし、サボテンとか分厚い葉の植物は違いますが。

分かりやすく言えばアロエとか水分がたっぷりで美味しい歯ごたえですよね。蓄えることができるのです。便利ですね。

レタスも美味しいですけど。でも流石に砂漠の滅多に雨も降らないようなイメージの土地でなぜ枯れずに生きていけるのかというのはやっぱり疑問が湧いてきます。オアシスとかあるので、一応地下水が出てくるような場所も存在するのでしょうね。

広大な砂の峰、その中にポツンと自然豊かな湖の周りに草や木が生えている。とても神秘的だと思いませんか。

風景の写真を見たことがあるのではなく、実は子供向けのマンガで読んだというだけなのですが、アラビアも結構お気に入りになりました。ちなみにその本は小学生とロボットが主役の国民的な物語の大長編です。うどんこ病について以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする