フェレットの便秘は水分不足と毛玉かもしれません

フェレットは、毛をお腹に溜めるので
便秘になることがあるかもしれません。下痢になることも。腸がストレスを受けてあるいは、追い出そうと活発に動いているため、柔らかめになってしまうのでしょう。

しかし今回は、フンが詰まってしまい出ない時の補助に役立つアイテムを2つご紹介します。まずは、まだ青いパパイヤの酵素を用いた、毛玉を柔らかくする製品です。

フェレットのヘアボール対策を便秘に試す

気になる症状は普通食欲がないとか、吐くなどではないでしょうか。髪というのはタンパク質でできていることはご存知ですか。南国の果物にはそれを分解してアミノ酸にする酵素が含まれる場合があります。キウイとかパイナップルもそうですね。

食べていて舌が薄くなるような沁みる感じのは含有量が多いでしょう。皮膚という目に見える表面も、口内や胃腸など体のほとんどはタンパク質だからです。歯とか爪は象牙質ですか、カルシウムでできています。あと骨も。

毛玉みたいに塊になると
フェレットは詰まってしまいますが、分解してしまえばすんなり排出できますよね。そこで、こちらの製品を便秘に使ってみてはいかがでしょうか。クリックすると楽天という大手のネット通販サイトへ移動します。小麦胚芽や大豆のオイルも配合されていて、ビタミンEなどの補給に役立ちます。

ストレスで発生する活性酸素を取り除くことに働きかけ、毛並みの改善にも効果があります。油も腸を潤しますから、酵素と一緒に排出をスムーズにするでしょう。

ある栄養素の不足かもしれない

つまり、フンが固まってしまうのと、下痢になるくらいに軟らかいという違いは何かというとやはり、水分をあまり補給していないからではないでしょうか。

しかし、充分に飲んでいたとしてもやはりマグネシウムが足らないとほとんど尿で出てしまいますから柔らかめの逆になってしまうのです。

醤油や味噌、漬け物の食べ過ぎでお腹が緩くなったり痛くなったことはありませんか。粗塩はナトリウムの他にニガリと呼ばれるつまりマグネシウムが多いです。もし腹痛が起こるならそれはミネラルに対して水分が不足しているのです。

飲めば軟らかいのが出て収まります。腸に潤いを溜めるタンクみたいな働きがあるので
便秘を防ぐのです。塩でなくても、大豆とかに比較的多く含まれていますね。つまり、足りないのは、水気かもしれないということです。

しかし、無理に飲ませられませんし、水道水は美味しくないのかあまり補給していないということもあるのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、ペットの体に合わせてミネラルのバランスを調節して
フェレットにとっても吸収しやすくなっているであろう飲料水です。シリーズでハムスター用などあります。別の動物ですが普通のよりは気に入るかもしれません。塩素が無い方がいいことは確かでしょう。

運動不足では

やはり、腸を動かすには上体のひねり、ヨガで猫のポーズなんていうのがありますが、お腹をへこますような体勢でいることなどは結構、
便秘の解消に効果的なのではないかと考えられます。ケージから出して部屋の中を自由に移動できる時間も毎日
フェレットに必要ではないでしょうか。

セキセイインコなどのコンパニオンバードも、場合によっては放し飼いですが、それは為にならないので1時間くらいケージを開けるのが理想的だといわれています。

あと、睡眠不足ではないか確認してください。人間と暮らしていると夜間も明るいですからね。本来の生活リズムがやはりどうしても崩れてきます。

どこの国に生息してどんな巣の中で眠ってきたのかは知りませんが、例えばハムスターなら地下に暮らしています。

真っ暗でひんやりしているので落ち着ける空間でしょう。飼育していると昼間は部屋が明るくて、本当ならそんな太陽も暑さも知らずに眠りこけて暗くなってから餌を探しに行く生活パターンが遺伝子に根付いています。

睡眠によって交感神経は鎮まり胃腸を活発にするのです。消化を頑張っているのですね。植物は昼間蓄えたエネルギーを用いて、月が出ている頃に枝や葉を伸ばすと聞いたような気がします。

成長ホルモンも、寝静まってから多く出るんですよね。そして体を育てたり大人の場合は老けないように若返らせたりしているわけです。以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする