フェレットの下痢は毛玉の詰まりかもしれない

フェレットに限ったことではありませんが、
下痢というのは複数の原因が考えられます。細菌によるもの、ストレス、そして毛玉というのが挙げられます。人間なら、プルーンを食べたりお醤油などのマグネシウムを過剰に摂取することで、軟便になってしまうことがあります。しかしペットはお味噌汁とかラーメンの汁など、そんなものはまず食べないですね。果物は与えすぎないように気を付けた方がいいかもしれません。
まずは、
フェレットに水分補給と栄養食を与えることです。お腹の中から餌が全部出て行ってしまうので、脱水症状になりますし、痩せてしまいますね。一時的なものなら深刻な影響はありませんが、しばらく続くとエネルギーが不足してしまうので。消化吸収があまりされていないということです。なので塩素の入っていないミネラルウォーターや、専用飲料水などを飲ませましょう。善玉菌が減ってしまうとお腹を壊しやすくなってしまいます。それから、
下痢になるなら、免疫力を高めるようなビタミンなどを強化した栄養剤を与えるのもいいでしょう。ストレスに対抗しやすくなります。
フェレットなどペットは寂しさや怖さ、生活環境に適応できない、睡眠時間が足らないなど、負担が掛かりがちな場合もあるようですからね。そして腸に刺激を与えない、繊維の少ない餌を与えましょう。おすすめできそうな製品がいくつかあるのでご紹介します。まず、動物の体内のミネラルバランスを考えて吸収しやすくなった水です。
フェレット用のがあればいいのですが、他とペットのためなのでどうでしょうね。でも似ている生き物なら好んで飲むのではないですか。感想でも、ハムスターのをデグーに与えている人とかいますので検討してみてください。あと、毛玉がお腹に溜まっていると普通は便秘になりそうですが腸が排出しようと活発に働きすぎるためか、
下痢になる場合もあるといわれています。ですから適度に食物繊維や酵素も必要です。消化されないのでフンを増やしてくれます。お世話で気を付けることについてですが、新鮮な餌で食中毒を防ぐということが大切です。夏場は特に暑さで腐りやすいですからね。水も傷みやすいです。定期的に取り替えたり、熱湯で容器を消毒しましょう。毎日使っていると微生物は増えますから。便器やスマートフォンにも相当たくさんいるとか聞きます。歯ブラシとかも場合によってはそうですね。紫外線で衛生的にするのとかありますよ。そう考えると晴れている時に洗濯物を干しているというのは、自然の除菌効果があるんですね。餌入れなど唾液が付くものは気を付けなければなりません。あと、
フェレットにドライヨーグルトがあるので、それを与えてみるといいかもしれませんね。良い微生物が減ってしまっていると、悪玉菌の出す毒素が原因かもしれないですから。お腹に合わないと逆に人間の場合は腸内環境を崩しますが、それはブドウ糖とかで甘くしているからかもしれません。こちらはヨーグルトと言っても無添加なのでペットに問題なく使えます。味はほとんどしないでしょうね。普段食べている餌に混ぜて与えてみてはいかがでしょうか。

下痢の元になる、腸の中で滞っている毛玉は、酵素で出すのがおすすめです。豚肉とパイナップルの組み合わせみたいに、タンパク質を柔らかくしてくれます。食物繊維も、排出をサポートするので配合されています。やはり動物のタンパク質ばかりだと消化が良すぎてフンが減るので、毛繕いした時に飲み込んだ物がお腹に溜まりがちになるのでしょう。こちらは、
下痢におすすめです。栄養補給にも良さそうですね。
野良猫とかは、どうしているのだろうと気になりますが、雑草を食べて吐き出していると聞いたことがあるような。しかし、ペットになるとそのような行動も薄れてしまうのでしょうか。セキセイインコとかにも、くちばしを研ぎ忘れて餌を食べにくくなる場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする