モロヘイヤのアブラムシやうどんこ病には花壇セーフがおすすめ

モロヘイヤというのは栄養の豊富そうな野菜ですが栽培している途中で
アブラムシとかうどんこ病が出てくることがありますから悩みますね。植物を弱らせたり、蚊やハエみたいにある意味では菌を運ぶ存在です。白カビが付着したみたいになっていたりすると農薬を使って対策しないといけません。しかし自宅の庭やベランダで
野菜とかを小規模で育てていると
アブラムシが付いたからといって大掛かりに散布したくないですね。そんな時に役に立つのが人体に無害な成分です。ゴキブリを凍らせるスプレーとかありますが植物は寒さが苦手ですから使えません。それに常温に戻ったらまた生き返るかもしれませんから、人間より丈夫にたくましくできているということを忘れてはいけません。
モロヘイヤにも無害で効くといえばでんぷんで固めてしまうスプレーです。ハチミツとかお米をお餅みたいにしたものを想像すると分かりますが、甘いものは粘着効果があります。それで外界との間に膜を作ると栄養分が途絶えたり、風通しがないため二酸化炭素の増加によって退治されるのです。うどんこ病にも効果があります。
アブラムシを寄せ付けないためには、お酢を薄めてスプレーすると効果があるといわれています。ちょうどいい濃度になっている製品もあります。なので手間を掛けたくない人はそれを活用するといいでしょう。というわけで、以上ですが対策と予防を無害にできる方法を
モロヘイヤにお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする