オウムと暮らすとアレルギーになるので3つの改善を

オウムは、羽を使って飛びます。毛繕いの時に仕上げに震えます。
アレルギーの原因となる乾燥したフケのような細かなタンパク質が散ります。軽いので空気清浄機のフィルターにたくさんくっついているくらいです。人が鼻で空気を吸い込むと少なからず体内に取り入れています。ストレスは溜まると爆発するように、日常的に食べていると番犬のような頼もしい味方の免疫が勘違いして、退治しようとします。
アレルギーというのは、くしゃみなどですが、風邪で例えると分かりやすいです。ウイルスを追い出すためですよね。なので排除するべきだと判断されてしまったら飼っていることが難しくなるのです。これは私のペットで可愛がっている鳥だからと細胞に言い聞かせても無駄です。実際、栄養にもならず体内の老廃物として扱われます。卵、大豆、
オウムの脂粉などタンパク質が多いというのは、胃でアミノ酸に分解されなかったら役に立たないからです。素通りしてトイレに排便できれば問題ないのですが、腸内環境が悪くて大雑把だと吸収されてしまうのです。例えばみかんの入っていたネットと蚊帳を比べるようなものです。後者は細かいですよね。でも、どちらかといえば
アレルギーの人はちゃんと細胞が並んでいないですし厚みが足らないのです。対策はリーキーガット症候群とかの治療、食事で避けるべき炎症をもたらすものと、栄養による体質改善が参考になります。取り敢えず、マスクは花粉症のを使い、鳥かごはビニールでカバーしておきましょう。切って酸素が入るように加工しないと製品によっては
オウムにとって安全ではない場合もあるので気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする