リンゴのアブラムシとうどんこ病にこのアイテムを

リンゴは、農薬を何回も使わなければいけないといわれていて、
アブラムシも寄ってくる場合やうどんこ病になることがたくさんあるんでしょうね。香りの良い果物ですから遠くまで運ばれやすいのでしょうか。ハエとかも、鼻が利くのか腐った野菜とかがあるといつの間にか飛んできていたりします。
アブラムシは細かな体で生きている割には結構強いところがあり、お酢を掛けてもしぶとく生き残っているということもあります。この予防方法は、手軽なので取り扱いに注意が必要な農薬を用いるのが疲れるという人にもおすすめできます。しかし既に増えたやつには効果もあまりなくて弱いので、たくさん押し寄せてきているなら次の手段、カダンセーフを撒くというのもおすすめです。これは
リンゴや人には害が無いと言っても良い成分によって構成されています。ですから服に農薬が付く心配をしなくて済みます。目に入っても比較的、慌てる必要もなさそうです。吸い込んだ場合も落ち着いていられそうです。どのような作用があるのかというと、簡単に説明しますがビニール袋に生き物を詰め込んだら餌を入れてあげないとお腹が減ってしまいますし空気が入ってこなければ二酸化炭素によって命が絶えます。
アブラムシの体の周りにぴったりサイズなビニールを掛けるというイメージです。小さな子どもがジュースをこぼして上手くふき取れなかった場合に手やテーブルがベタつくのは果汁の働きによるものですが、それを活用したのがこの製品なのです。
リンゴに対してだと、すぐに無くなってしまうかもしれませんが、体には無害ですし菌に対しても効くのでぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする