セロリの植え替えで枯れる危険はあるか

植え替えにはいつもリスクがあります。スープや炒め物に大活躍。
セロリは香り高くて新鮮さを感じられる野菜出す。でも、繊維質で丈夫そうだからといって、根っこまで同じかどうかなんて分かりません。私は個人的にあまり好きではないのですが、まあトマトなどと組み合わせる定番なので母の作る料理に出てくると我慢して食べていました。それほどピーマンとかほど嫌われ者ではなくても子どもから地味に除けられていそうな存在ですね。
植え替えの注意点について確認しましょう。せっかく育てているのに、いきなり嫌いとかいわれても、と気を悪くされた人もいるかもしれませんが、何でも思い付いたことをその場で正直に書くのが癖になっているので大目に見てください。是非、お願いします。さて、プランターはご用意できましたか。大きなのでないと窮屈で引っ越しの意味がありません。
セロリをひっくり返して根鉢を取り出したら、なるべく触らず崩さずにお豆腐を扱うように慎重にそっと新しい土を1/3くらい入れたプランターの中に、置いて残りの空間を埋めて
植え替え作業は完了です。水やりをしっかりと行うのがミソで、これをしないと枯れるかもしれません。それは嫌ですよね。でも新しい土は乾いていますから忘れずにジョウロあるいはホースで撒きましょう。土というのは、年々やせ細るといわれています。また、赤玉土なら水捌けも悪くなり植物が腐って枯れやすくなります。
セロリは一年で終わるのが普通みたいですが、ちょっと長めに生きている場合もあるので必要なお手入れですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする