メダカが動かないのはなぜか、それは寒さか

メダカというのは冬とか
動かない場合があるかもしれません。そして水槽の下の方に沈んでいるみたいに見えます。それは、寒さで凍えてしまっているのでしょう。温めてあげてみてください。ヒーターが販売していますね。陸上ではなくて水中で使う製品ですが、28度くらいまでしか上がらないようになっているので安心です。しかし、熱帯魚に主に使うのです。本当は
メダカは日本に昔から生息している生き物なので、冬はそのようにして過ごしてきたのかもしれません。自然の中にいる個体はそうなのかもしれませんね。でも、飼育するようになって人間から見守られていると、そのような活発さが失われた状態というのは何か病気ではないかと、
動かない現象を心配されているのだと考えます。生き物というのはヤモリとかも冬眠に失敗して病気になったりすることもありますから安全のためには、ヒーターで季節を作る必要があります。自然な環境では夏場も水が冷たくて美味しそうな場所に暮らしていそうですが、熱帯魚の設定に合わせて
メダカを温めてしまうともしかしたら暑すぎるのではないかという不安があります。でも、まあ試しに購入してみると良いかもしれませんし、そのまま過ごさせるという選択もあります。飼い主としては鑑賞してもつまらない季節ですが暖かくなってきたら解凍されるでしょうから
動かないのは、もし病気でなければ一時的なものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする