金魚がたまに暴れているのは寄生虫なのでしょうか

金魚というのは、時々
暴れるので水がバシャバシャ波立っていることがありますね。引き付けでも起こしたのかと心配になります。地震との関係もあるみたいですが、おそらく普通に考えてみればそれは寄生虫ではないかと推測します。卵のようなものが目に見えないほど小さく泳いでいるみたいです。取り付くと成長して白くニョロニョロと目に見えることもあります。普段から、
金魚のいる水槽に存在はしているのですが免疫力に支えられて発症しないのです。白点病とかありますね。寄生虫に感染するのです。嫌ですね。見るのも気持ちが悪くて。でも大切なペットだから早く治療してあげないといけません。バシャバシャと泳ぐのは振り払おうとしているのでしょう。
暴れたりするということは何かを感知しているということですよね。今気になったのですが、痛みとかはまだ分かるとしてヒレしかない手で掻くこともできないのに痒さを認識したりするんでしょうか。魚というのは人間と違いすぎて不思議ですからどんな感覚で過ごしているのだろうと考えると
金魚の暮らしに興味が湧いてきますよね。鰓の中に酸素の気泡が入ったりしてそれにびっくりすることもあるのだとか。呼吸していたらいきなりなんか変なシャボン玉が飛び込んできたみたいに驚くでしょうね。ところで、塩か駆虫の製品を用いて水槽で泳がせれば、寄生虫も鎮静化してすっかり
暴れているのが改善するかもしれません。そのような例もあったようなので試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする