オウムのくしゃみに空気清浄機などで対策

オウムが風邪を引いたみたいに
くしゃみをしていたら、ウイルスなど仕方のない物と、エアコンのカビや羽毛布団のダニなどへのアレルギーという原因があります。それぞれの対策を見てみましょう。

動物病院で診てもらったら、生まれた時に母鳥から餌をもらって受け継いだ虫とかへの感染が見つかるかもしれません。

人間がペットと過剰に近付いてはいけないといわれているのもそのためです。
オウムにスプーンで食べさせてあげたりして、洗わずにそれを自分の口へも運ぶとか。卵とか成虫を取り込んでしまうのはペットの
くしゃみや鼻水もありますが、高い熱が出たりして危険ですからね。

もしそのような症状が出たら、飼い主さんも治療を受けなければなりません。それに、鳥に対してアレルギーになるということもあるのです。くしゃみや咳が止まらなくなったり。

まあそれはいいとして、もし検査で原因が分かったら環境の問題と言うよりは免疫力が落ちてしまって症状が出てきたので
オウムを治療してもらえば良いですね。ただ、カビに感染してしまっているという場合もあります。掃除の行き届いていない場所に注目し
くしゃみ予防を心掛けてみます。エアコンを見てください。

白くて外観はホコリ一つなく拭けますけど、内側は自分の手には負えないところです。市販のスプレーを使っても取り除けなかったのを覚えています。当たり前ですよね。

お風呂場とかの壁にあるカビにシャワーを掛けて落ちますか。水圧では難しいですね、やっぱりブラシで擦らなければ。ですから分解できて組み立てられる専門の業者に頼んだ方が良いですよ。

よほど酷ければ
オウムのみならず人間にも悪影響が症状として出るかもしれませんが、体に何倍もの差があるので、まだペットにしか
くしゃみなどが現れていないかもしれません。あとは、羽毛布団です。これが結構、ダニの温床になりやすいです。

特に、洗濯をして乾かすのが下手だと湿っている間に増えてしまいます。タイミング悪く曇りの日だとね。晴れて紫外線が強く降り注ぐような時期を見計らって洗わないと。

それに、ダニ自体は決して水や日干しでは参ってくれません。よほど裏表まんべんなく同時に高熱に晒さないと、微妙に温度の低い場所へ逃げ込んで生き延びてしまいます。

まあ、そのようなのは
くしゃみの原因にはならず人間に痒さをもたらすという問題があるのです。糞などが寝返りで舞い上がるとそれを吸い込んだ
オウムにも害が及びます。アレルギーみたいな症状が出るかもしれません。

ですからケージ周辺の環境も確認してみてください。あと、保温を忘れると寒さで免疫力が下がってしまいます。

羽を膨らませるのはその合図です。具合が悪いとか気温の低い時に、まるで厚着した人みたいに太ったような見た目になる鳥は多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする