セキセイインコは果物のりんごを食べたら害はあるのか

セキセイインコに果物を与えても、おそらく栄養的にはあまり意味がないです。おやつとして、気分転換にどうですか。

ナッツとかも脂肪が多いけど好みやすいですから時々なら。しかしビタミンCは、シードで得られないですからやっぱり必須ですかね。みかんなどで補給させましょう。

風邪の蔓延する寒い時期は、加湿器やマスクが役に立ちますが、それは乾燥すると軽くなるので菌を吸い込みやすくなるのです。

りんごも良いですね。ストレスに強い子になりますよ。ウイルスなどに負けないセキセイインコになるように。

鳥は人間より体温が高いので免疫力も強いのかと思ったら、よく吐いたり鼻水など体調を崩しているのはやはりストレスが多い場合です。

じっとして餌も与えられて何を不満に思うことがあるのかと疑問ですが、人間関係とかですね。オーストラリアの鳥のように集団で生きていれば相性の良い存在と巡り会えたかもしれませんがそうではなく、ただ一人くらいの飼い主との関係で心を満たすしかありません。

しかも、立場は親とか友達みたいなものですから、精神的に自立の時が来てもずっと続いていくという、それはあまりにも生き物として酷なことかもしれませんね。

こんな話を聞くと、そう思います。何羽かで飼っていたのか、夫婦のセキセイインコがいて、奥さんが亡くなったので飼い主が片付けようとしたら触るなと言わんばかりに手をつつき攻撃して追い払ったということです。

鳥によっては、人間にしか興味を示さない者と、真逆に外のスズメとかのさえずりにばかり関心を向ける個体がいるみたいです。親とすごく仲良しな子供と、その反対な家庭もあるのと同じようなことですかね。それとか、退屈さがストレスになっていることもあります。

餌を探す必要がないということが心が病む原因になっているとか。りんごのビタミンCはそれほど多くないのでレモン、みかんが良いかもしれません。酸っぱすぎるかな。

からさは痛みと同じであまり鳥の場合感じないのですが、他の極端な味は無理かもしれないですね。それと、果物は体温を下げます。血糖値は高くなりますから日常的に与えると損かもしれません。寒がりになったり。

あと、りんごは種が毒になるので必ず捨ててください。レモンとかより刺激はなくて人間が間違って噛んでも大丈夫そうな味をしていますが。

セキセイインコには駄目な成分のようですから気を付けてくださいね。アボカドなんてすごく鳥にとって害があるみたいです。あと精油も焚かないように気を付けてください。

吸い込むと亡くなる場合があります。改めて、人間より弱い生き物だと認識させられます。ポトスとかも駄目なので注意しましょう。

アジサイ、その他日本の花は危ないです。枝を拾ってきたりしてかじらせないように、手作りして止まり木代わりにしないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする