オウムが下痢で水っぽい糞をする原因と対策3つ

果物の美味しい季節、そして空気が乾燥してウイルスが飛び交う時期。水分や糖質が過剰によって、あるいは
オウムが細菌に感染してお腹を壊してしまい
下痢。それかストレスなどの理由が考えられます。

睡眠不足は大敵です。夏は暑さを乗り切れるように体力を温存しましょう。エアコンも付けてあげましょう。スイカやプルーンの食べ過ぎには気を付けてくださいね。

飼い主さんで制限してあげないと水分が多すぎますからお腹を下します。後者はドライフルーツになっているのですが、何が問題かというとソルビトールという糖質の一種です。だから
オウムとか便秘の時には良いんですけどね。活用してみてください。

しかし、それにしても水が腐りやすいですね。暑いと餌もくちばしを付けたところから細菌がすごい増えてしまって傷んでいるかもしれません。変なニオイがしなければ大丈夫かと思いがちですが、案外分かりませんよ。

実際に、湿ったり古くなったシードだかペレットを与えたら
下痢をしてしまうという場合もあるみたいですから。まあ水を入れる容器とかも毎日熱湯を注いで除菌してください。その方が安心です。

トイレの便座とかも、ぱっと見は白くても使い続ける内に菌が増えているらしいのです。ですからニオイとか見た目ではやはり判断できませんね。定期的にケージ全体をやかんに沸かしたお湯で消毒しましょう。

20秒くらい掛けるといいんだと聞いたことがあります。毎日
オウムの糞を受ける紙は変えますよね。あまり吸い込まないように気を付けないと飼い主さんが熱を出してしまうかもしれません。

もちろん固形を鼻の穴から吸入するわけはありませんが、コウモリとか鳩など害獣の掃除でも、マスクは必須ですからね。菌は空中に飛びやすいので気を付けてください。軽いですから。小麦粉とかきな粉を開けたときにむせることがあるのと同じように。

湿気が多いとすぐに
オウムの餌にカビが生えてしまいます。これはやっかいですよ。保管をきちんとしておかないと駄目になってしまいます。白いとか、青っぽくなっていたら気を付けましょう。というかそれはもう処分しましょう。

アーモンドはそもそも毒なので食べさせていないかもしれませんが、ナッツには目に見えないカビが生えやすいと聞きます。

ですから、カロリーが高いために時々
オウムがおやつで食べるくらいで登場頻度がそれほど多くなくて、生えているのに気付かないと危ないですね。あれを一度食べたら喉がかゆくなって大変でしたよ。アーモンドでしたけど、仕舞いには痛くなってしまって。

だから、
下痢こそしなかったですけど古くなった餌とかが原因なもしれないので念のため気を付けてください。小分けのを買うとちょうどいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする