オウムやセキセイインコの軟便、糞が水っぽい原因

餌の鮮度の悪さやストレスでは体調を崩しがちなコンパニオンバードたち。オウムのみならずセキセイインコとかもです。

お腹を下して、糞が水っぽくなることがありますね。人間ならどんな時かと言えば、会議の前とか緊張している、冷凍庫でもう何ヶ月も保管してさすがに腐っていた肉を捨てずに調理したなど。

私が腹痛と下痢を起こしたのは、冷蔵庫の奥から出てきた余り物のレバーとニラの炒め物を食べたら、想像以上に古かった時です。

とにかく、セキセイインコのような鳥の場合はカビや虫などによって軟便になるかもしれないので気温の高い季節に注意しましょう。餌が傷みやすくなっていますから食中毒のようになって下痢をしてしまいます。

オウムは、ストレスではどんな原因があるかというと環境の問題としては、睡眠があまり充分ではないというのが挙げられます。

なにしろ、本当は半日も眠り通すのですから。日が沈むのが18時くらいでカラスと一緒に帰りましょうというチャイムが鳴るんですよね。

そして小鳥がさえずり始める早朝5時頃。フクロウとかは夜にも目が良く見えますからネズミなどの獲物を狩りに行きますけど。

カラスも、暗い時間にバサバサと飛んでいくのを確認していつ眠るんだろうと疑問に思いました。でも、オウムは比較的インコなどと比べて大型とはいえ、やっぱり捕食される側ですから、あまり熟睡はできないような体です。

すぐに目が覚めそうな眠りだからこそ長時間なのです。片目をつぶっている様子が見られたら、それは脳味噌を少し労って休ませているのかもしれません。

視界に入ってくる情報というのは結構頭を使わせますからね。それをある程度シャットアウトしているのでしょう。早めに暗くしてあげないと寝不足になりストレスで下痢をしてしまうかもしれません。

ところで、
セキセイインコは糞のみならず、尿も同時に出すのが特徴ですから果物とかを食べ過ぎると水っぽくなってしまうんですよね。

柔らかいというのは、固体の部分もなんだか形を取り留めていなくて液体みたいになっていることを言います。周りの水分のみが多ければ、それは尿です。

例えばキュウリ、スイカなどを食べ過ぎたとか、塩分を摂取して喉が渇いてたくさん飲料水を補給したなどの原因があるかもしれませんし、カルシウムの過剰摂取によってもミネラルバランスが崩れることにより、多尿になることがあります。

オウムに貝の殻を与えているかもしれませんし、イカの甲をケージに設置している場合は、自分でいくらでもかじれてしまうので食べ過ぎになって吐いたりするかもしれません。

亜鉛もそうですが、ミネラルというのは多くの場合、過剰摂取によって吐き気をもたらします。なので気を付けてくださいね。

というわけで以上、
糞が水っぽい時には早めに動物病院を受診することも考えましょう。今日はスイカをたくさん食べてしまったから仕方がない、一時的なものだろうと考えられるという場合はセキセイインコやオウムなどペットの様子を見てもいいと思いますが。外出がストレスになることもありますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする