[電子書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥(亡くなること)する9つの要因。300円(税込)

オカメインコがもしかしたらミカンで貧血になるかもしれない

オカメインコが、ソワソワと落ち着きがなくなるのは、飼い主が手に持っている
みかんという果物を見たとき。早く食べたいので、机の周りをうろついて催促します。

そんな可愛い生き物は、やはり鳥くらいしかいませんよね。しかし、もし9粒くらいも与えたとしたら、貧血になるかもしれないというリスクがあります。

それはどのようなことかと言えば、つまりペクチンという食物繊維が多いので、鉄分が排出されてしまうのです。ミネラルを減らす働きがありますからね。

オカメインコではなく自分の話ですが、食べ出すとアーモンドとか、脂質の多いものは止まらないこともあり癖になりやすいです。
みかんも、甘さが多くやはり自然界で入手できることはあまりないです。日本に昔から暮らしていたなら柿とかも勝手に他人の庭にお邪魔してオカメインコがヒヨドリみたいに食べていたかもしれませんね。

実際に飼い主さんの手から離れて遠く、脱走して帰れなくなり、たくましくカラスにも負けずに野生で生きていることもあります。

そんな時には、寒くて作物の実らない気温でも実を付けてくれる
みかんのような果樹がありがたいです。しかし、やっぱり暑いとスイカくらいしか楽しめませんから、我慢していただくより他にありません。
オカメインコに、もちろん不満はないでしょう。

水分が多すぎるので、こっちは貧血ではなくて糞が水っぽくならないかという心配があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする