オカメインコにえんどのようなアイテムは必須なんだけど与えすぎに注意

えんどというのは、ナトリウムなどミネラルの豊富な補助食品のことです。ですから、あまり
オカメインコに与えすぎると害があります。しかし、ある程度は必要なものです。胃袋の中で、餌をすりつぶす働きもします。過剰になるとどうなるかといえば、詰まります。そして消化不良になってしまいます。ハムスターとか、ティッシュを食べて腸閉塞になってしまわないかと心配することがありますよね。それと同じようなものです。

オカメインコに与えるえんどの適量は?

これが難しい問題なので、体調から見極めなければなりませんが、ボレー粉を代わりに用いれば安全ですし、そうなればえんどは必須というわけではありません。しかし、ボレー粉にも洗わなければならず面倒くさいというデメリットがあります。乾燥させるのも、カビが生えないように手早くオーブンとかを使って済ませなければなりません。持っていない人は、チラシなどに満遍なく広げて自然の紫外線に当てて乾かします。
オカメインコの為とはいえ、面倒くさいですね。まあこれは人によりけりでしょう。時間の余っている人はいいですが、そうでないなら既に洗浄済みの製品を選ぶことがおすすめです。
えんどより手間が掛かるんですね。でも、メーカーによっては不良品というか、それを念のため水に浮かべてみたらまだ汚れがどっさり浮いてくるという場合もあります。口コミなどを見て、信頼できる製品を購入することです。そして、カトルボーンなんていうのもありますが、これは駄目です。
オカメインコが制限しにくいので、たくさん食べてしまうと体に悪いです。吐き気がしたり、トイレが近くなります。カルシウムが過剰になることで起こる反応です。そういえば、ビタミンDは足りていますか?吸収するには、その要素がいります。

その仕組みとは?

なぜなら、詳しいメカニズムは分かりませんが
オカメインコの飼い主にそのように一般的に認識されています。それは、太陽に当たることで自然に賄うことができます。体内で合成されるみたいです。人って不思議ですね。鳥も同じ仕組みを持っています。でも、欲を言えばカロリーもビタミン、ミネラル全てそれで間に合えば楽だと思いませんか?私は面倒くさがり名のでそういうくだらない、突拍子もないアイデアが良く浮かんでくるのです。トイレに行くのが面倒くさい時、体に付ける庭の散水ホースみたいな部品があって便器まで伸ばしておけたらずっと眠りっぱなしでいられて快適なのに、なんて。まあ他にも、現実的ではないけど想像するとちょっと羨ましくなる思いつきはたくさんあるのです。
オカメインコには日光浴もさせて、元気な骨を育てましょう。軟化すると折れやすくなったり変形して、そのまま固定されてしまいますから。足がそんな風になったら気の毒ですよね。自分の飼育方法が悪かったからです。良く調べもしないで、というよりネットなんかなかった時代は仕方ないので
えんどについても勘で、自己流に管理するのが昔のやり方ですが、今はちょっと不適切なお世話をしただけでもそれを正直に相談したりすると、詳しい人から厳しいお叱りを受けますからね。私は、質問サイトを見ていると、あれが地味に怖いです。人格を否定されるというか、
オカメインコの飼い主の神経が信じられないという感じの文面を見ると凍り付きます。まあ、こんな感じでえんどについてはあまり与えすぎる必要はないので参考にしてください。ボレー粉あげれば充分です。でも熱中症になったらナトリウムもう少し足しても良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする