[電子書籍]あなたの大切なインコがポックリ!落鳥(亡くなること)する9つの要因。300円(税込)

文鳥の匂いを嗅ぎすぎてアレルギーにならないように注意

文鳥は、セキセイインコなどと同じく、穀物を食べているので体からもそれが漂います。羽毛に顔を付けながら吸うと、
匂いがしますね。これを楽しむ人も多いことでしょう。しかしながら、コンパニオンバードには脂粉というものがあります。

フケみたいなものです。これをあまり吸い込みすぎるとある日アレルギーを発症してしまいますよ。残念ですが、あまり嗅がないようにした方がいいかもしれません。丸い赤いイヤーマフラーをしているインコはもっとたくさん体から出します。

代謝がいいのか、中型で面積が広いからかもしれません。やはり皮膚はタンパク質でできていますから、卵や大豆、小麦粉などと同じように、過剰摂取によって免疫が敵だと判断するのです。それにしても、レタスとかリンゴみたいにほとんど糖質みたいなものにもアレルギーが出ることがあるというのが不思議ですね。

匂いを嗅ぎたくなったら、花粉用のマスクをしてフィルターの働きによって防御しつつ、ペットを手に乗せて羽に鼻を埋めると良いでしょう。これは、やや斬新な方法ではありますが確実に脂粉をシャットアウトすることができます。ところで、水浴びするとちょっと臭くなりますよね。

これはどのインコも共通みたいで、菌や脂質が放つものみたいです。やはり、
匂いというのは乾いている状態で生まれるものなのでしょう。

心地よくないのは、やはり湿っている時に放出されます。体も冷えやすいので、ドライヤーや布団乾燥機など温風を発するもので手早く、しかし火傷しないように気を付けましょう。

寒さに弱いですからね。それで亡くなってしまうこともあるようです。季節が暑さから移行する時には、飼い主とコンパニオンバードで暖房が必要かまだ大丈夫かという点において意見が異なるところです。

文鳥はもう膨らむかもしれないので、そうしたらヒーターでケージ付近を暖かくしてあげましょう。それにしても、香りというのは動物によってかなり違いますよね。牧場なんかは酷く悪臭がしていて、衝撃的だったのを覚えています。

子供の頃、旅行の記憶があるのはロバに乗せてくれたりゴルフをする場所があるような施設です。やはり、糞が原因ですかね。
文鳥もほぼ草食ですが、やはり穀物を食べていると違うのかもしれないと考えます。反芻するというのは、噛んだものを胃に送ってから、もう一度吐いて、口に戻して消化するということですが、そうすると菌がたくさん増えてアミノ酸が得られるというわけですかね。

だから筋肉がたくさんあってたくましく、ミルクも搾れるのです。一日に、どのくらい食べなければカロリーを確保できるのか分かりませんが飢える心配がなさそうで羨ましい体質ですね。

文鳥も、加熱しないベータでんぷんをエネルギーに変えることができます。停電の時でも影響を受けないので安心ですね。匂いについてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする